ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍(ラノベ)

密葬 -わたしを離さないで-

江波光則
イラスト
くまおり純
価格
590円 590 (+税)
獲得コイン
5 コイン

獲得コイン5コインの内訳

通常購入分
5コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
少年は、もがく。過去と決別するために。同級生にモップで殴りかかった陵司に1か月の停学処分が下された。陵司は、校内で有名な不良教師・間宮からとある提案を持ちかけられる。「原稿用紙300枚分の文章と引き替えに、停学を無かった事にしてやる。さらに、その文章の内容に関わらず出版もしてやる」不適に笑う間宮は、陵司の「過去」、殺人という枷を知っているように見えた。静かに生きようとする陵司を晒しものにしてやる、という底意地の悪さがにじみ出ていた。一方、陵司が襲った同級生・真琴のことも無視できなくなる。真琴は巷でも有名な強請屋だった。しかし陵司は、金も持たない自分が、なぜ真琴の標的になったのかが分からない。あまりにも的確に、自分を挑発してきた真琴の真意が分からない。どうして八尋の自殺と、陵司の殺人を知っていたのかが、分からない。己の過去を掘り起こそうとする二人の人間に狙われた陵司は、どちらからも逃れるための策を見いだすが……。『鳥葬-まだ人間じゃない-』に続く、江波光則の暗黒青春群像劇第二弾。少年は、もがく。孤立という壁で守ってきた弱い心を葬って……。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「鳥葬(ガガガ文庫)」シリーズ作品一覧(3冊)

590円〜600(+税)

鳥葬(ガガガ文庫)のシリーズ詳細ページへ

「密葬 -わたしを離さないで-」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
274

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2013/10/11
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「密葬 -わたしを離さないで-」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面