ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

ラノベ

シュレディンガーの猫探し

小林一星
イラスト

あらすじ・内容

探偵嫌いの僕と迷宮落としの魔女。

妹にまつわる不思議な現象、「やよいトリップ」。未来視とも思えるその力が原因で巻き込まれたとある事件をきっかけに、訪れた洋館。
洋館の表札には『探偵事務所 ラビリンス』。
そして、古めいた書架に囲まれるように彼女はいた――。
魔女のような帽子に黒い服。書架に囲まれた空間そのものが一つの芸術作品のように美しい佇まい。

「解かれない謎は神秘と呼ばれる。謎は謎のまま――シュレディンガーの密室さ」

彼女――焔螺は、世界を神秘で埋め尽くしたいのだと言った。



「私は決して『探偵』なんかじゃない。神秘を解き明かすなんて無粋な真似はしないよ」

探偵じゃないなら、いったい何なんだ。
問えばふたたび、用意していたように即答だった。

「魔女さ」

まったく、時代錯誤も甚だしいと嘆かずにはいられない。
神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日――僕は出会った。

第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞。
ゲスト審査員・若木民喜氏絶賛の新感覚「迷宮落とし」謎解き(?)開幕!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

電子書籍 読み放題 コイン
価格

704(税込)

640円 (+消費税64円)

付与コイン

12/7 (水) 09:59まで

320(*詳細)
読み放題期限
2022/12/31 23:59まで

2022/12/31(土)23:59まで読み放題 月額836円(税込)~

文庫・ラノベ読み放題で読む

作品情報

シリーズ
シュレディンガーの猫探し(ガガガ文庫)
著者
レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
カテゴリ
ライトノベル
ページ概数
326
配信開始日
2020/6/18
底本発行日
2020/6/23
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

ラノベ シュレディンガーの猫探し 3

著: 小林一星

迷宮落としの魔女vs.怪奇現象。

探偵は真実を求め、魔女は神秘を求める。そして時に、人には解かれたくない謎があり、秘密にしておきたい真実がある。忘れる事などできやしない。神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日――僕は、出会った。



亡き姉・飛鳥の残した「時を超える」現象を巻き起こす魔導書『シュレディンガーの猫探し』。
その行方と手がかりを探すため、「迷宮落としの魔女」焔螺と、その助手(使い魔?)の令和は、級友・芥川の故郷である猫又村を訪れる。

しかしそこには、数多の妖怪伝承と不思議な能力を持つ巫女が待ち受けているのだった。

閉鎖的な村の風習と、謎多き伝承の数々。「出歩いてはならない」と警告される「赤き月の夜」に起こる事件とは?

「謎とは、真実を隠したいという誰かの『想い』だ。良くも悪くも、人の心が生み出したヴェールなんだ」

村の秘密のヴェールが剥がされるとき、明らかになる「約束」と「物語」。
第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作、シリーズ第3弾!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

コイン12/7 (水) 09:59まで

価格

759(税込)

690円 (+消費税69円)

「シュレディンガーの猫探し(ガガガ文庫)」シリーズ作品一覧(全3冊)

704円〜759(税込)

  • ラノベ シュレディンガーの猫探し

    探偵嫌いの僕と迷宮落としの魔女。

    妹にまつわる不思議な現象、「やよいトリップ」。未来視とも思えるその力が原因で巻き込まれたとある事件をきっかけに、訪れた洋館。
    洋館の表札には『探偵事務所 ラビリンス』。
    そして、古めいた書架に囲まれるように彼女はいた――。
    魔女のような帽子に黒い服。書架に囲まれた空間そのものが一つの芸術作品のように美しい佇まい。

    「解かれない謎は神秘と呼ばれる。謎は謎のまま――シュレディンガーの密室さ」

    彼女――焔螺は、世界を神秘で埋め尽くしたいのだと言った。



    「私は決して『探偵』なんかじゃない。神秘を解き明かすなんて無粋な真似はしないよ」

    探偵じゃないなら、いったい何なんだ。
    問えばふたたび、用意していたように即答だった。

    「魔女さ」

    まったく、時代錯誤も甚だしいと嘆かずにはいられない。
    神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日――僕は出会った。

    第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞。
    ゲスト審査員・若木民喜氏絶賛の新感覚「迷宮落とし」謎解き(?)開幕!

    ※「ガ報」付き!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    704(税込)

    640円 (+消費税64円)

  • ラノベ シュレディンガーの猫探し 2

    「呪い」と「願い」。過去からの予告状。

    「“呪い”とは。“人”だよ令和くん」

    焔螺さん――「迷宮落としの魔女」はそう言った。

    飛鳥姉さんの死の真相を、弥生に伝えるべきか悩む令和。そして、飛鳥の死後起こるようになった弥生の未来視&過去視じみた現象「やよいトリップ」――。



    折しも東高の文化祭「七夕祭」の直前、空から光と共に予告状が届く。その予告状は暗号文でできていて、予告状の差出人は「東高五十面相」。

    それは、死んだ飛鳥姉さんが過去に起こした、「ある事件」を模倣したものだった。

    「呪い」は過去ではなく、「現在」の人が起こすもの――。

    事件を「迷宮」に落とす「迷宮落としの魔女」とその助手・令和は模倣事件を迷宮入りにすることで、「やよいトリップ」の解決を目指すが……。

    探偵と魔女の知恵比べ、第2弾!

    ※「ガ報」付き!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    759(税込)

    690円 (+消費税69円)

  • ラノベ シュレディンガーの猫探し 3

    迷宮落としの魔女vs.怪奇現象。

    探偵は真実を求め、魔女は神秘を求める。そして時に、人には解かれたくない謎があり、秘密にしておきたい真実がある。忘れる事などできやしない。神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日――僕は、出会った。



    亡き姉・飛鳥の残した「時を超える」現象を巻き起こす魔導書『シュレディンガーの猫探し』。
    その行方と手がかりを探すため、「迷宮落としの魔女」焔螺と、その助手(使い魔?)の令和は、級友・芥川の故郷である猫又村を訪れる。

    しかしそこには、数多の妖怪伝承と不思議な能力を持つ巫女が待ち受けているのだった。

    閉鎖的な村の風習と、謎多き伝承の数々。「出歩いてはならない」と警告される「赤き月の夜」に起こる事件とは?

    「謎とは、真実を隠したいという誰かの『想い』だ。良くも悪くも、人の心が生み出したヴェールなんだ」

    村の秘密のヴェールが剥がされるとき、明らかになる「約束」と「物語」。
    第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作、シリーズ第3弾!

    ※「ガ報」付き!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    759(税込)

    690円 (+消費税69円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

320コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    50%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「シュレディンガーの猫探し」評価・レビュー

評価

4.4

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報