セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

物語戦略

物語戦略-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
岩井琢磨
著者
牧口松二
監修
内田和成
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
日経BP社
配信開始日
2016年04月14日
ページ概数
199 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

逆転・進出・生き残り――。
物語を武器にする会社の戦い方とは?
顧客の選択に決定的なインパクトをもたらす「シンボリック・ストーリー」を核にして、マネのできないビジネスモデルを創り出す。その事例とフレームワークを解説。
■「監修者序文」より
本書は、一般的な競争戦略の本では真正面から取り上げられることのない、「おもしろさ」に着目します。本書で取り上げる「おもしろさ」は企業の「物語」のおもしろさです。
物語は、競争戦略やビジネスモデルと結びついて、顧客や従業員をはじめとするステークホルダーを強く引き付ける力なります。それは多くの人に愛される、アイドルやアーティストの逸話のようなものです。いつしか伝説となり、共感の源として、ファンの心に刻まれます。
本書ではこのような「企業が持つ強みを象徴する物語」を「シンボリック・ストーリー」と呼びます。多くのステークホルダーの間で共有され、語り継がれることで、ビジネスモデル自体の独自性を強くしてくれるものです。
その方法論を提示することが本書の目的です。いろいろな会社の成功事例を紹介しながら、
シンボリック・ストーリーの効果を明らかにしたうえで、物語を戦略的に活かすためのポイントを解説します。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1127 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年6月5日号No.2...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
yom yom vol.44(20...

350円(+税) (05/31まで)

三上延/千早茜/尾崎世界観/神田松之丞/恒川光太郎/カレー沢薫/岡崎琢磨/谷瑞恵/藤井太洋/最果タヒ/益田ミリ/東川篤哉/朱野帰子/須賀しのぶ/中山七里/乾緑郎/早坂吝/吉川トリコ/成田名璃子/吉野万理子/蒼月海里/三川みり/梶尾真治/杉江松恋/新井久幸

yom yom

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アニメクリティーク vol.5.5...

600円(+税)

Nag

アニメクリティーク刊行会

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲームラボ 2017年 6月号

778円(+税)

ゲームラボ編集部

――

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
物語戦略

1600円(+税)

岩井琢磨/牧口松二/内田和成

――

価格
1600円 (+税)
1728円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:16コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです