ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER11周年キャンペーン
実用

京阪神 七福神めぐり ご利益さんぽコース

著者
あんぐる

あらすじ・内容

京都 大阪 兵庫 奈良 開運招福の旅があなたの身近にも。 御朱印やお土産、歴史深い街並み… 楽しく幸せを感じるおすすめ21コース。

★ 京都 大阪 兵庫 奈良 開運招福の旅があなたの身近にも。
★ 御朱印やお土産、歴史深い街並み… 楽しく幸せを感じるおすすめ21コース。
★ あなたの街中にたたずむお気軽コースを中心に、ちょっと足を伸ばして旅気分も。 お気に入りのコースがきっと見つかる。

★ 七福神って?
宝船に乗ってやって来て福をもたらす七体の神様。誰もがよく知る「七福神」ですが、名前やそのご利益をよく知らない人が多いのでは。どんな神様か知っておいて、それぞれの福神にふさわしい願いを唱えましょう。

【七福神の起こり】
七福神は、室町時代に京都で、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人の7つの神様をまとめ、信仰するようになったことがはじまり。もともとの起こりは、平安時代、最澄(伝教大師)が比叡山で「大黒天」を台所の守神として祀り、それが民間に福の神として広まったことから。やがて日本の漁業の神様「えびす」と台所(食)つながりということで、「えびす・大国」の二神として並祀されるようになり、さらに、京都・鞍馬の毘沙門信仰の毘沙門天が加わり三神として信仰の対象になりました。そこに弁財天が加わり四神になりましたが、「四」の数字が忌まれたため布袋を加え五福神に。中国・竹林七賢にならって、福禄寿と寿老人を加えて七福神を誕生させたそうです。

【七福神めぐりとは】
七福神が祀られている寺社を巡って、七体の神様に参拝し万福招来を祈願すること。寺社によっては境内に七福神すべてが祀られている1カ所七福神もあります。七福神めぐりが流行した江戸時代には、正月、松の内もしくは七草の日とされる1月7日までにいくのが慣例だったそうですから、それに従ってみるのもいいですし、ご利益めぐりは1月から2月にかけてが多いので、このころがふさわしいのかもしれません。参拝したらご朱印をいただけることが多く、持参したご朱印帳にはもちろん、専用の台紙や色紙などを用意する霊場もあります。

無理せず自分に合った方法で「七福神めぐり」を楽しんでください。

電子書籍 コイン
価格

1,793(税込)

1,630円 (+消費税163円)

付与コイン

12/8 (水) 09:59まで

733(*詳細)

作品情報

シリーズ
京阪神 七福神めぐり ご利益さんぽコース
著者
レーベル
――
出版社
メイツ出版
カテゴリ
実用
ページ概数
130
配信開始日
2017/10/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「京阪神 七福神めぐり ご利益さんぽコース」シリーズ作品一覧(全1冊)

1,793(税込)

  • 実用 京阪神 七福神めぐり ご利益さんぽコース

    ★ 京都 大阪 兵庫 奈良 開運招福の旅があなたの身近にも。
    ★ 御朱印やお土産、歴史深い街並み… 楽しく幸せを感じるおすすめ21コース。
    ★ あなたの街中にたたずむお気軽コースを中心に、ちょっと足を伸ばして旅気分も。 お気に入りのコースがきっと見つかる。

    ★ 七福神って?
    宝船に乗ってやって来て福をもたらす七体の神様。誰もがよく知る「七福神」ですが、名前やそのご利益をよく知らない人が多いのでは。どんな神様か知っておいて、それぞれの福神にふさわしい願いを唱えましょう。

    【七福神の起こり】
    七福神は、室町時代に京都で、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人の7つの神様をまとめ、信仰するようになったことがはじまり。もともとの起こりは、平安時代、最澄(伝教大師)が比叡山で「大黒天」を台所の守神として祀り、それが民間に福の神として広まったことから。やがて日本の漁業の神様「えびす」と台所(食)つながりということで、「えびす・大国」の二神として並祀されるようになり、さらに、京都・鞍馬の毘沙門信仰の毘沙門天が加わり三神として信仰の対象になりました。そこに弁財天が加わり四神になりましたが、「四」の数字が忌まれたため布袋を加え五福神に。中国・竹林七賢にならって、福禄寿と寿老人を加えて七福神を誕生させたそうです。

    【七福神めぐりとは】
    七福神が祀られている寺社を巡って、七体の神様に参拝し万福招来を祈願すること。寺社によっては境内に七福神すべてが祀られている1カ所七福神もあります。七福神めぐりが流行した江戸時代には、正月、松の内もしくは七草の日とされる1月7日までにいくのが慣例だったそうですから、それに従ってみるのもいいですし、ご利益めぐりは1月から2月にかけてが多いので、このころがふさわしいのかもしれません。参拝したらご朱印をいただけることが多く、持参したご朱印帳にはもちろん、専用の台紙や色紙などを用意する霊場もあります。

    無理せず自分に合った方法で「七福神めぐり」を楽しんでください。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    1,793(税込)

    1,630円 (+消費税163円)

付与コインの内訳

733コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    45%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「京阪神 七福神めぐり ご利益さんぽコース」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報