ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

わが文壇紀行

価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
大正文壇の名物編集記者、「新潮」三羽烏の一人、水守亀之助が綴る文豪30人の回顧談。作家・評論家・近代文学研究者のネタ本として使われていた『わが文壇紀行』が60年ぶりに復刊! 全面的に現代仮名遣いに改めるとともに、著者についてのミニ解説を付けた。

目次:
島崎藤村――神様にされ易い作家
幸田露伴――禅味から仙味へ
徳冨蘆花――粕谷聖人の横顔
広津柳浪――炯々(けいけい)たる眼光・石の如き沈黙
田山花袋――自然主義文学の驍将(ぎょうしょう)
江見水蔭――硯友社の一快男児
国木田独歩――薄幸だったが多彩な生涯
岩野泡鳴――偉大な馬鹿で荘厳な楽天家
有島武郎――珍しい西欧的作家
徳田秋声――独自のリアリズムに徹した人
小川未明――童心こそこの人の生命
田村俊子――一代の才媛の末路
真山青果――風雲児の正体を語る
谷崎潤一郎――すべてが豪華版的だ
近松秋江――「文壇無駄話」的存在だったが
岡本かの子――盛粧せる女菩薩
葛西善蔵――酔狸州(すいりしゅう)とは彼のこと
佐藤春夫――彼は天成の詩人だ
菊池寛――文壇大御所の人間味
芥川龍之介――私の観た彼の半面
加能作次郎――律義で素朴な郷土愛作家
林芙美子――蛇は寸にして呑む
宮嶋資夫――喧嘩蓬州(けんかほうしゅう)の面影
牧野信一――傷つける心象風景
山本有三――自由主義の紳士型か
島田清次郎――少年高科に登るわざわい
藤森成吉――畏敬すべき特異の存在
生田春月――貧しき詩人の結婚披露
嘉村礒多――業苦を背負った一生
川端康成――若き日の作家群
著者紹介(編集部)

著者について:
1886年6月兵庫県生まれ。医専中退後、1914年中央公論社へ入社、その後、春陽堂、新潮社に勤務。創作「帰れる父」により文壇に認められ作家生活に入る。著書に創作集『帰れる父』(新潮社)『通り魔』(新潮社)『新しき岸へ』(新潮社)『闇を歩く』(新潮社)『傷ける心』(大阪毎日新聞社)『人間坂本龍馬』(人文会出版部)等。1958年12月没。
販売期限
2017/7/31 23:59まで
閲覧期限
期限なし
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「わが文壇紀行(アイティメディア株式会社)」シリーズ作品一覧(1冊)

300(+税)

わが文壇紀行(アイティメディア株式会社)のシリーズ詳細ページへ

「わが文壇紀行」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
289

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/7/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「わが文壇紀行」を見ている人にこれもおすすめ

最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面