セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

七月のマレビト

七月のマレビト-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
藤崎慎吾
ジャンル
文芸
ダイレクト出版
SF
BWインディーズ
出版社名
Shingo Fujisaki
配信開始日
2015年11月28日
ページ概数
64 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

遠い未来の七夕伝説

海洋惑星ネオマルスでは、女(フェム)と男(メルー)が、交わっても子供をつくれない「別種」となっていた。わずかな陸地である島々はフェムが支配し、メルーは船で貧しい漂白生活をおくっている。それぞれに独自の世界を築き、生命工学に助けられて世代をつないでいた。両種族が顔を合わせるのは、1年に1度の3日間だけ——その間、メルーはフェムの家々を巡って「霊鎮め」の儀式を行い、港で市(フェア)を開く。年若いフェムのオリイは、毎年、霊鎮めやフェアを心待ちにしていた。なぜなら、やってくるメルーたちの中に、どうにも気になって仕方のない若者がいたからだ。やがて彼女は同じフェムである恋人の制止も振り切って、野蛮な種族とされるメルーの世界へ踏みこんでいく……。科学的な設定とお伽話が交錯する幻想SF短編。

(C) Shingo Fujisaki 2015

BWインディーズ 著者センター

おすすめコメント

異世界は女子だらけ!じゃつまらないよね?

学生時代は共学でしたが、学年には、男子クラス、女子クラスというものが存在しており、ふとそのことを思い出しました。特に女子クラスはカオスだったのですが、男子クラスを「野蛮」という割りに非常に意識していたというか…。

この話も学術的には「ある」話なので、科学的考証がされている話をベースに作品をつむぐのが、著者「藤崎」氏の持ち味なんだろうなと思ってます。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
辺境生物探訪記~生命の本質を求めて...

1260円(+税)

長沼毅/藤崎慎吾

光文社新書

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ストーンエイジKIDS~2035年...

850円(+税)

藤崎慎吾

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
遠乃物語

日本国内のみ販売

藤崎慎吾

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ハイドゥナン1

540円(+税)

藤崎慎吾

ハヤカワ文庫JA

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
深海大戦 Abyssal Wars...

1900円(+税)

藤崎慎吾

角川書店単行本

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
深海大戦 Abyssal Wars...

1700円(+税)

藤崎慎吾

角川書店単行本

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ストーンエイジCOP~顔を盗まれた...

750円(+税)

藤崎慎吾

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ハイドゥナン4

540円(+税)

藤崎慎吾

ハヤカワ文庫JA

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
七月のマレビト

92円(+税)

藤崎慎吾

Shingo Fujisaki

コインUPキャンペーン対象商品
価格
92円 (+税)
99円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら22コイン(※)
0 + 22コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです