セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/25ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

巨大高層建築の謎 古代から現代まで技術の粋を集めた建造物のおもしろさ

巨大高層建築の謎 古代から現代まで技術の粋を集めた建造物のおもしろさ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
高橋俊介
ジャンル
新書
科学
レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年07月22日
ページ概数
227 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

世界にはものすごいものがある!

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
法律を改正してまで建築した霞ヶ関ビルから40年。日本の巨大高層建設がここから始まりました。
柔構造の解析設計を使い、大型H型鋼やスリット壁を採用したりと、いまでは当たり前になっている多くの技術が、霞ヶ関ビルの開発時に生まれています。
セルフクライミング方式のタワークレーンも、安全な避難階段や防災センターでの集中管理方式も、ここからでした。
また、世界一の明石海峡大橋から10年。東京タワーは自立式鉄塔として世界一。新東京タワーは、当然この記録を塗り替えます。
ところがドバイには800m級の世界一となるビルが建造中です。世界に名だたる巨大高層建築物には、ケタ違いの知恵と技術と資金が投入されています。
建築に秘められたエピソードからして、おもしろさは常識外れ。
本書は、いくつもの巨大建築プロジェクトに関わった著者が、過去から現代に至る巨大高層建築の謎に迫ります。

(C) 高橋俊介 2008

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サクッと読める「財務諸表」入門 会...

100円(+税)

吉田延史/吉田亜由美

impress QuickBooks

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
50歳からのおカネ―週刊東洋経済e...

200円(+税)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
キリスト教神学で読みとく共産主義

920円(+税)

佐藤優

光文社新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
er-ラブホスタッフ上野さんの人生...

185円(+税)

上野

eロマンス新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すべての教育は「洗脳」である~21...

740円(+税)

堀江貴文

光文社新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
日本の武器で滅びる中華人民共和国

700円(+税)

兵頭二十八

講談社+α新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フィリピンパブ嬢の社会学

780円(+税)

中島弘象

新潮新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
なぜ八幡神社が日本でいちばん多いの...

817円(+税)

島田裕巳

幻冬舎新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
巨大高層建築の謎 古代から現代まで...

900円(+税)

高橋俊介

サイエンス・アイ新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
900円 (+税)
972円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら315コイン(※)
9 + 306コインUP
2017/03/26 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
600 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです