ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ヒーロー文庫6周年記念フェア
はじめてのお客さまへ
電子書籍(ラノベ)

【電子限定日本語版・台湾BL】示見の眼 第三巻:そして、夜明けの光

価格
1018円 1,018 (+税)
獲得コイン
10 コイン

獲得コイン10コインの内訳

通常購入分
10コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

「ロスト・コントロール~虚無仮説~」で日本デビューした蒔舞先生の代表作シリーズ第三弾。シリーズ原点となる読み切り「示見の眼(無印)」も収録。

そろそろ春を迎えた三月の台北。幽霊が見えてしまう大学院生、陸以洋(ルー・イーヤン)の居候先、台湾の霊能一族葉(イエ)家の屋敷では、長年の擦れ違いを解消した葉冬海(イエ・ドンハイ)と夏春秋(シア・チユンチウ)に別な春が訪れていた。

一方、以洋の先輩、易仲瑋(イー・ヂヨンウエイ)とその想い人、楊君遠(ヤン・ジユンユアン)の関係も、楊の部屋に突如幽霊が現れたことから大きく動き出す。

そして新婚家庭状態の葉家でお邪魔虫と化している我等が主人公、以洋にも、冬海の警察学校時代の先輩、刑事課長の高懷天(ガオ・フアイテイエン)との出会いが訪れ、ようやくのBL展開に……?
もちろん霊能展開の方も、とうとう先輩達にも幽霊が見えるとばれてしまったり、更にひょんなことから幽霊相手のお悩み相談所になってしまったり、ついでにしつこくつきまとってくる執行人達との問題もなんとかしようと奮闘開始したりと、いよいよメガ盛!

※サンプル版は第一章のみを抜粋しております。

友達になんかなりたかったわけじゃ、ない?

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「【電子限定日本語版・台湾BL】示見の眼 第三巻:そして、夜明けの光」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
320

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/9/14
週間ランキング
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面