セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

誰かに話したくなる大人の鉄道雑学 新幹線や通勤電車の「意外に知らない」から最新車両の豆知識、基本のしくみまで

誰かに話したくなる大人の鉄道雑学 新幹線や通勤電車の「意外に知らない」から最新車両の豆知識、基本のしくみまで-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
土屋武之
ジャンル
新書
科学
レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年09月21日
ページ概数
191 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

■「日本の鉄道は右側通行? 左側通行?」から始まる、奥深い世界へ!

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
朝夕の通勤電車、出張や旅行で乗る新幹線。特に東京のラッシュ時など、1本の列車で最大で3000もの人を運び、同じように次々と安全に走らせられるのが、日本の鉄道のすごさです。
その基本的なしくみはもちろん、新幹線の「新しい窓はハンマーでも割れない」「北海道にも広がった状態で完成?」といった最新情報からリニアについての話題、身近な通勤電車の「最新型が1日に1両ずつつくられている」「座席は広く『硬く』改良されている」「つり手や荷物棚が前より低くなった」という意外な事実まで網羅。さらに、見たら幸せになるという噂を持つ「ドクターイエロー」、寒さとたたかう北海道の鉄道車両、何を運んでいるか気になる長~い貨物列車、夜行列車や観光列車の現在、開かずの踏切、騒音対策、最新式のトイレ……と、おもしろいトピックを凝縮してお伝えします。
普段なんとなく使っている鉄道を見る目が変わる、列車に乗るのがもっと楽しくなる1冊です。
<人気鉄道雑誌などで活躍する名物ライターが、親しみやすい文体で書き下ろした新作です!>

(C) 土屋武之 2016

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
50歳からのおカネ―週刊東洋経済e...

200円(+税)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サクッと読める「財務諸表」入門 会...

100円(+税)

吉田延史/吉田亜由美

impress QuickBooks

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の...

700円(+税)

野澤千絵

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すべての教育は「洗脳」である~21...

740円(+税)

堀江貴文

光文社新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フィリピンパブ嬢の社会学

780円(+税)

中島弘象

新潮新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
にっぽん縦断民鉄駅物語[西日本編]

800円(+税)

櫻井寛

交通新聞社新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可...

日本国内のみ販売

松井孝典

NHK出版新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
誰かに話したくなる大人の鉄道雑学 ...

1000円(+税)

土屋武之

サイエンス・アイ新書

価格
1000円 (+税)
1080円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:10コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
700 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    週間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです