セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

「戦記」で読み解くあの戦争の真実 日本人が忘れてはいけない太平洋戦争の記録

「戦記」で読み解くあの戦争の真実 日本人が忘れてはいけない太平洋戦争の記録-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

監修
戸高一成
ジャンル
新書
レーベル
SB新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2015年07月27日
ページ概数
230 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

語り継ぎたい鮮烈な記憶!

◆戦後70年、語り継ぎたい痛烈な記憶! 当事者たちによる渾身の記録!

◆「もう2度と戦争は嫌だ」――これは、悲惨な戦争を体験した世代の心からの思いだ。
ところが、戦後70年という長大な時間は、避けがたく戦争体験を語れる証言者がいなくなるという現実を齎している。
悲惨な戦争体験を語り継ぐことの出来る人がいなくなった時、戦争は、戦後世代の人間にとって肌感覚を失ってゆく。
戦争体験はどのように伝えられるのか。
このような状況の中、改めて評価されなくてはいけない戦争の記録、記憶として、いわゆる「戦記」を見直す時が来たのではないだろうか。

◆本書で紹介する書籍
『戦艦大和ノ最期』『戦艦武蔵』『水木しげるのラバウル戦記』『栗林忠道 硫黄島からの手紙』『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』『知覧からの手紙』『日本のいちばん長い夏』『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』『父 山本五十六』『「昭和天皇実録」の謎を解く』『昭和史 1926-1945』『昭和陸海軍の失敗 彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか』『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』『インパール兵隊戦記 歩けない兵は死すべし』『トラトラトラ 太平洋戦争はこうして始まった』『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』『ペリリュー・沖縄戦記』『真珠湾収容所の捕虜たち 情報将校たちの見た日本軍と敗戦日本』など

(C) Kazushige Todaka 2015

これもおすすめ! ( / )

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦争にチャンスを与えよ

788円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
決算書の9割は嘘である

506円(+税) (06/01まで)

大村大次郎

幻冬舎新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小林カツ代のお料理入門

463円(+税) (06/08まで)

小林カツ代

文春新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
バッタを倒しにアフリカへ

920円(+税)

前野ウルド浩太郎

光文社新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
er-ラブホスタッフ上野さんの人生...

1852円(+税)

上野

eロマンス新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
業界地図の見方が変わる! 無名でも...

700円(+税)

田宮寛之

講談社+α新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捨てられる銀行2 非産運用

750円(+税)

橋本卓典

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「戦記」で読み解くあの戦争の真実 ...

800円(+税)

戸高一成

SB新書

価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです