ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 72時間限定 一迅社全作品コイン50%還元キャンペーン
文芸

ちょっと今から仕事やめてくる

著者
北川 恵海

あらすじ・内容

この優しい物語をすべての働く人たちに

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。 同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。 なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――。第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。 スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

電子書籍
価格

583(税込)

530円 (+消費税53円)

付与コイン
5(*詳細)
  • 受賞作品配信開始!第21回電撃小説大賞

作品情報

シリーズ
ちょっと今から仕事やめてくる(メディアワークス文庫)
著者
レーベル
メディアワークス文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
291
配信開始日
2015/5/14
底本発行日
2015/2
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

購入特典

シリーズ最新刊

文芸 ちょっと今から人生かえてくる

著者: 北川 恵海

 かつてブラック企業に勤めボロボロになったものの、謎の男ヤマモトと出会ったことで本来の自分を取り戻した青山。そして彼の前から姿を消してしまったヤマモト——。
 すべての働く人が共感して泣いた感動作『ちょっと今から仕事やめてくる』で語られなかった、珠玉の裏エピソードが、いま明かされる。
 青山とヤマモトの、そして彼らと出会った人たちの新しい物語が、また始まる。
 仕事に悩み、日々に迷う人たちに勇気を与える人生応援ストーリー!!

価格

671(税込)

610円 (+消費税61円)

「ちょっと今から仕事やめてくる(メディアワークス文庫)」シリーズ作品一覧(全2冊)

583円〜671(税込)

  • 文芸 ちょっと今から仕事やめてくる

    ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。 同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。 なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――。第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。 スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

    価格

    583(税込)

    530円 (+消費税53円)

  • 文芸 ちょっと今から人生かえてくる

     かつてブラック企業に勤めボロボロになったものの、謎の男ヤマモトと出会ったことで本来の自分を取り戻した青山。そして彼の前から姿を消してしまったヤマモト——。
     すべての働く人が共感して泣いた感動作『ちょっと今から仕事やめてくる』で語られなかった、珠玉の裏エピソードが、いま明かされる。
     青山とヤマモトの、そして彼らと出会った人たちの新しい物語が、また始まる。
     仕事に悩み、日々に迷う人たちに勇気を与える人生応援ストーリー!!

    価格

    671(税込)

    610円 (+消費税61円)

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ちょっと今から仕事やめてくる」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

おすすめコメント

  • ちょっとやめたところで話は終わらないのだ!

    冷静に考えれば、仕事をやめるなんて「ちょっと」どころじゃない。それなりの理由があるもの。

    電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>を受賞した物語は、
    9月26日、仕事の辛さで自殺を図ろうとした主人公・隆が謎の男・ヤマモトに助けられたところから始まる。

    ヤマモトとは何者か? 小学校時代の友人? 仕事を苦に亡くなった幽霊? 
    どうして隆を気にしてるのか。すべてが謎のまま日々が過ぎていく。

    ヤマモトを通して“人生は仕事だけじゃない”と思い始めた隆の気持ちが
    「ちょっと仕事をやめてくる」のひと言に凝縮されている。

    しかし、物語はここで終わらない。
    仕事をやめたところから一気に急展開が。

    SFのようでSFではない。鮮やかで爽やかなエンディング(12月24日で終わるというのもいい)になってます。

    2015/06/17

お得な情報