ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

会社で役立つ経済学

価格
200円 200 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
経済学。それは新入社員も社長も頭を悩ませている会社のいろいろな問題に、解決の糸口を与えてくれる便利な道具だ。道具が多いほど、さまざまな問題に対処できる。サンクコストや機会費用といった経済的思考の鉄則、フレーミング効果やカンカリング効果といった行動経済学、さらにはゲーム理論は、どう応用できるか。豊富な事例とともに紹介する。

 本書は週刊エコノミスト2016年3月29日号で掲載された特集「会社で役立つ経済学」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・仕事道を極めろ!
・study1 談合の摘発 「囚人のジレンマ」応用
・study2 SMAPと小林幸子 日本の労働市場の縮図
・study3 マイナス金利 日銀は処方時期を誤った
・study4 為替・賃金・粉飾 Q&Aで学ぶホントのところ!
・study5 経済的思考 経済的思考の「鉄則」と「心理の罠」
・経済学が私の基礎を作った
・インタビュー 漫画家・弘兼憲史「島耕作流のシャープ再生、農業再生」
・ビジネスエリートの登竜門「MBAって本当に必要?」
・ビジネススクール体験記
・人気経済学者の検索ランキング
・知っていたら社長になれるかも 重要キーワード&チェック表

【執筆者】
松井彰彦、深尾光洋、塚崎公義、
大江英樹、週刊エコノミスト編集部
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「週刊エコノミストebooks」シリーズ作品一覧(226冊)

100円〜10,000(+税)