ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

ラノベ

迷宮街クロニクル4 青空のもと 道は別れ

著者
林亮介
イラストレーター
津雪

あらすじ・内容

生き残るか、灰になるか。その先には、等しく青い空。
Webで公開されて大好評を博した作品に加筆修正を施した、堂々の完結編。

第一層と第四層を結ぶゴンドラの設置。それにより探索者の利便性は格段に上がる「はず」だった。
だが、設置工事は困難を極める。
頼れる仲間に背を預け、その場を切り抜ければ明日がある探索と異なり、工事では一般人の施工者と現場を長期間護り続けなければならない。一方、迷宮に潜む生物たちも、侵略者の行動を見過ごすことはなかった。
手を携え、総力を挙げて探索者に牙を剥く怪物たち。迎え撃ち、その命を絶つ探索者も、ひとり、またひとりと怪物と同じ運命を辿ってゆく。
別れ。その二文字を直視しながら、探索者は進み続ける。先にあるのは安らかな眠りか、それとも……。
迷宮街が舞台の群像劇、堂々完結。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

電子書籍 完結
価格

759(税込)

690円 (+消費税69円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
「迷宮街クロニクル」シリーズ(GA文庫)
著者
レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
カテゴリ
ライトノベル
ページ概数
475
配信開始日
2019/8/9
底本発行日
2010/3/31
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「「迷宮街クロニクル」シリーズ(GA文庫)」シリーズ作品一覧(全4冊)

660円〜759(税込)

  • ラノベ 迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

    一昨年、突然京都を襲った大地震。それをきっかけに口を開いた大迷宮からは怪物たちがあふれ出し、当初自衛隊に掃討させようとした政府はそれが有効でないと悟るや、一般人の志願者に迷宮の探索を委ねた。
    怪物を倒し、その身体の一部を換金することで莫大な利益を得る現代のゴールドラッシュ。そのリスクは死亡率14%といった数字になって、志願者のもとに返ってくる。
    京都・迷宮街。今日もここで様々なドラマが幕を開ける。命を預けるメンバーは、たとえば恐ろしく綺麗な双子の少女。人は様々な思いを持ち、今日も迷宮に降りる――。
    Webで好評を博した群像劇に大幅な加筆修正を施し、ついに書籍化。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • ラノベ 迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの

    『ノーモアクリスマス!』
    この世で最も生と死を隔てる壁が薄い場所・迷宮街。そんな迷宮街にも、クリスマスはやってくる。
    ひとえに探索者は外の住人よりも派手にイベントを楽しむ。ツナギをクリスマスカラーにしてみたり、「ノーモアクリスマス」と書かれたプラカードを持ってデモ行進をしてみたり。
    ただ、クリスマスの福音は、探索者に等しく届くわけではない。
    死亡率14%のゴールドラッシュ。今日も様々な人間が、様々な理由で迷宮街を出ていく。ある者は幸せに、ある者は無言で。それは12月も変わらない。
    書き下ろし短編「祭典の前夜祭」も収録した、現代のガリンペイロ達の物語、第二弾。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    価格

    737(税込)

    670円 (+消費税67円)

  • ラノベ 迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く

    それは迷宮内部の写真から起こした商品スケッチだった。探索者なら一度は目にしたことがある、第一層濃霧地帯の奥にある縦穴のものだ。
    その図には後藤が売りたい商品が描かれていた。天井に滑車が据え付けられ、鎖が吊るすのはゴンドラだ。
    後藤のアイディアは画期的なものだった。リスクを減らし第四層まで一瞬で移動できる。迷宮内部でのみ産出される不思議な石が金属の強度を高めることも判明し、探索の効率は向上するように思われたが……。
    生まれる希望と、同じだけの絶望。迷宮街での生活は、ゆっくり何かを蝕み、静かに壊してゆく。
    好評の書き下ろし短編も収録した群像劇、第三弾。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    価格

    693(税込)

    630円 (+消費税63円)

  • ラノベ 迷宮街クロニクル4 青空のもと 道は別れ

    第一層と第四層を結ぶゴンドラの設置。それにより探索者の利便性は格段に上がる「はず」だった。
    だが、設置工事は困難を極める。
    頼れる仲間に背を預け、その場を切り抜ければ明日がある探索と異なり、工事では一般人の施工者と現場を長期間護り続けなければならない。一方、迷宮に潜む生物たちも、侵略者の行動を見過ごすことはなかった。
    手を携え、総力を挙げて探索者に牙を剥く怪物たち。迎え撃ち、その命を絶つ探索者も、ひとり、またひとりと怪物と同じ運命を辿ってゆく。
    別れ。その二文字を直視しながら、探索者は進み続ける。先にあるのは安らかな眠りか、それとも……。
    迷宮街が舞台の群像劇、堂々完結。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    価格

    759(税込)

    690円 (+消費税69円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「迷宮街クロニクル4 青空のもと 道は別れ」評価・レビュー

評価

4.8
お得な情報