セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

アカン、先生に叱られる! 原郷 夏

アカン、先生に叱られる! 原郷 夏-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

原作
福森大二郎
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
アカン、先生に叱られるシリーズ
出版社名
TME出版
配信開始日
2015年12月26日
ページ概数
48 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

50年前の日本、国中に三波春夫の『東京五輪音頭』が流れるなか、東海地方のとある村には、大人たちに見守られながら思いのままに遊び、日々を活き活きと暮らす子供たちがいた。さまざまに繰りひろげられる学校や村の催事、伝統行事。いつもなにかが起きる毎日…。物語の主人公は、小学4年生の勝ちゃんと信ちゃん。『アカン、先生に叱られる!』は、厳しい男先生になにかにつけて叱られながらも、やんちゃな彼らがいい子になろうと一生懸命に頑張る、成長の記録でもある。ときどき泣けてくることもある。かつて日本のどこにもあった子供たちの夏…。こころのどこかに佇む日々。追憶の走馬灯を止めてみる。

福森大二郎

アカン、先生に叱られるシリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アカン、先生に叱られる! 原郷 秋

200円(+税)

福森大二郎

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アカン、先生に叱られる! 原郷 夏

200円(+税)

福森大二郎

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アカン、先生に叱られる! 原郷 春

200円(+税)

福森大二郎

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アカン、先生に叱られる! 原郷 冬

200円(+税)

福森大二郎

――

これもおすすめ! ( / )

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
異世界人の手引き書 2

1200円(+税)

たっくるん/パセリ

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

100円(+税)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水鏡推理5 ニュークリアフュージョ...

680円(+税)

松岡圭祐

講談社文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヤクザに嫁入り

833円(+税)

妃川螢/麻生海

リンクスロマンス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
LV999の村人 1

1200円(+税)

星月 子猫/ふーみ

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 3 The Finest...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
今日から、あやかし町長です。

580円(+税)

糸森環/二ツ家 あす

富士見L文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アカン、先生に叱られる! 原郷 夏

200円(+税)

福森大二郎

――

価格
200円 (+税)
216円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:2コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです