セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

オトク!!

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書

捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

加藤元浩
ジャンル
文芸
レーベル
講談社ノベルス
シリーズ
捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書(講談社ノベルス)
出版社名
講談社
配信開始日
2016年10月06日
ページ概数
380 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

ミステリ漫画界きってのストーリーテラー、初のミステリ小説解禁!!念願の刑事となるも、捜査一課のお飾りとして邪険に扱われる菊乃の前に現れたのは、多くの犯罪を解決してきた心理学者・草辻蓮蔵。元FBIで嫌味ったらしい書類の鬼「アンコウ」こと深海安公に足を引っ張られながらも、徐々に事件の真相へ近づいていく菊乃だが――!? 小説ならではの大仕掛けを含んだ、緻密にして爽快な本格長編ミステリ!!

(c)加藤元浩/講談社

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

週刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

週刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

月刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

月刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
Q.E.D.―証明終了―(44)マンガ

400円(+税)

加藤元浩

週刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

月刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
月刊少年マガジン 2016年11月...マンガ

444円(+税)

新川直司/八神ひろき/あだちとか/加瀬あつし/羅川真里茂/加藤元浩/西尾維新/浅見よう/VOFAN/松本明澄/沢田ひろふみ/ひらいたけし/山口智/A-1ピクチャーズ/草水敏/濱崎真代/久米田康治/岩永亮太郎/赤衣丸歩郎/七三太朗/川三番地/鹿目ゆうき/山原義人/前川たけし/高塔あおし/石ノ森章太郎/村枝賢一/平野直樹/ナンキダイ

月刊少年マガジン

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
C.M.B.森羅博物館の事件目録(...マンガ

400円(+税)

加藤元浩

週刊少年マガジン

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

オトク!!

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査...

638円(+税) (12/15まで)

加藤元浩

講談社ノベルス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
638円 (+税)
689円 (税込) (※)
(12/15 23:59までの価格です)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら191コイン(※)
6 + 185コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
338 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    月間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです