ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

「接客やってるけど人見知りで、チームに苦手な人がいて毎日しんどい」人のための本。

価格
299円 299 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】
タイトルを見て、「接客業やってる人見知りってどういう人?」と思った方も多いでしょう。
接客をしている=人が好き、と思われがちですが、実際はそうではない人もいます。
例えば、売場ではお客様と普通に話ができるけれど、仲間と深くコミュニケーションを取ることに苦戦している人。
もともと内向的なだけに、その場限りの世間話はできても、長期の関係構築に苦手意識がある人。……私のことです。

少数派かもしれません。しかし、接客をやっている人すべてが外交的で、人と話すのがもともと得意なわけではないと思っています。
本書は、そういう、私のような性質を持っている方や、そうではなくても、売場である職場に苦手な人・仲良くなれない人がいる方に読んでいただきたくて書いたものです。
本書をお読みいただくことによって、仲間とのコミュニケーションがスムーズになるための、または人間関係に関する悩み解消のための第一歩を踏み出せるはずです。


【目次】
(1)接客とは似て非なる、コミュニケーションの基本
(2)最低限のコミュニケーション
(3)タイプ別、苦手な人の対処方法
(4)味方を増やす
(5)「気にしない」ための考え方


【著者紹介】
あおい紫(アオイムラサキ)
家の物置の片づけをしました。ゴミ捨て日や買い取り業者さんを待っている間、
家が夜逃げ前みたいな有様になりました。いやいや、まだ住みますよ。
… 以上まえがきより抜粋
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「「接客やってるけど人見知りで、チームに苦手な人がいて毎日しんどい」人のための本。」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
41

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2017/6/21
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「10分で読めるシリーズ」シリーズ作品一覧(1245冊)

93円〜499(+税)