ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学――文字の中のふしぎ編

著者
北嶋廣敏
価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

じつは日本語は面白い!日本語は実はいやらしい(*´ω`*)日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる雑学!

「民」の語源は恐ろしい!?
「十個」は「じっこ」?「じゅっこ」?
日本最古の字は「まら」だった?

日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる雑学、知っているようで知らない話を91本収録!
普段なにげなくつかっている言葉の「意外なルーツ」や「正しい使い方」がわかる!!

■著者略歴
北嶋廣敏(きたじま・ひろとし)
文筆家。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。短歌・美術の評論でデビュー。古今東西のさまざまな文献に精通した博覧強記の読書人。面白くてためになる雑学系の著書は多くのファンを魅了している。
主な著書に、『林檎学大全』(アディン書房)、『塚本邦雄論』(六法出版社)、『画家と自画像』(泰流社)などの評論のほか、『知識ゼロからの大江戸入門』(幻冬舎)、『「右」と「左」の面白ネタ事典』(PHP研究所)、『日本の「初!」雑学事典』(三笠書房)、『雑学帝王500』(中経出版)などの多数の雑学書がある。

■目次
第一章 言葉の源を訪ねよう
1「月」と「スッポン」がどうして比較されるのか
2「歩」「舞」「延」…ダイエットに失敗した漢字
3「海」には暗いという意味がある
4「流」は子供が水に流されていることを表わす
5 「やたら」は矢と艝とは無関係
6「本調子」はもともとは三味線の調子
7「弱」の弓は儀式用の弓
8「大立て者」はもともとは歌舞伎用語
など54本

第二章 文字の中の秘密さがし
55 プレジデントはいつ「大統領」になったか
56 「おんの字」ってどんな字?
57 寄席の最後の出演者を「とり」と呼ぶわけ
58 「とうの昔」の「とう」とは?
59 「数」のなかに米と女がいるわけ
60 「異」のなかには鬼がいる
61 「観」のなかにコウノトリがいる
62 「旧」のなかには鳥がいる、その鳥とは
など36本

Hirotoshi Kitajima

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  • BWインディーズ 著者センター

「さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学――文字の中のふしぎ編」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
84

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/10/17
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学――文字の中のふしぎ編」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面