ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

松平清康

価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

徳川家康の祖父、その名も松平清康。よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。

大永三年(一五二三)。戦国時代の真っ只中である。
 三河国――現在の愛知県東部に勢力を有する松平家。
 その松平家に、英傑が出現した。

 松平清康。

 江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
 このときわずか十三歳の少年、清康は、三河の大地を眺めながら独りごちた。
「天下が欲しい」
 その瞳はクナラ鳥の如しと評されたほど、澄んでいる。
 クナラ鳥は拘那羅鳥と書く。眼の美しい鳥だと仏説にはあるが、後世の史料において、そのような鳥に例えられることそれ自体が、もはや栄誉である。
 事実、この少年の独言はのちに日本史において重大な輝きをもつことになる。
 彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
 よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。



<収録内容>
第一話 三河の拘那羅鳥
第二話 世良田次郎三郎
第三話 血は水よりも濃し
第四話 慈悲ゆえの憤怒
第五話 守山崩れ
書き下ろし短編 はじまりの虹 ―松平親氏伝―


<作者>
須崎 正太郎

ライトノベル作家。ダッシュエックス文庫(集英社)「隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。」でデビュー。2018年3月には「童貞を殺す異世界」、「戦国商人立志伝 ~転生したのでチートな武器提供や交易の儲けで成り上がる~」を発売。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「松平清康」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
259

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/6/26
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面