セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

死人起こし(1) 迷宮の獣王

死人起こし(1) 迷宮の獣王-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
田中文雄
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
死人起こし
出版社名
アドレナライズ
配信開始日
2016年10月25日
ページ概数
351 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

エジプト王家の秘密、クレタの魔神の復活……そして世界滅亡の時が来た

 旧約聖書の成立よりさかのぼること一世紀。時は紀元前一三五〇年。当時、栄華をきわめたエジプト王国の地には、王家の墓を狙う「墓荒らし」という盗賊達がいた。「死人起こし」の異名を持つパキも、そんな盗賊のうちの一人であった。ある日彼は、ふとしたことから現王イクナテンの共同統治者であるスメンクカラー王の死と秘密を知る。王の頭には二本の角があり、しかもその生地はエジプトではなく、牛を神と崇めるクレタ島であったのだ。半人半獣であったエジプトの王とクレタとのつながりを解明すべく、パキの冒険が始まった。
 古代エジプトを舞台にした長篇英雄活劇、第1弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

「死人起こし」シリーズ ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
死人起こし(1) 迷宮の獣王

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
死人起こし(2) 魔境のツタンカー...

450円(+税)

田中文雄

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猫路

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猫恐(ねこおぢ)

700円(+税)

田中文雄/天野喜孝

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
妖魔の肖像

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
透明戦隊

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鼠舞

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猫窓

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怪談学園

450円(+税)

田中文雄

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
死者の伝言板

450円(+税)

田中文雄

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
死人起こし(1) 迷宮の獣王

450円(+税)

田中文雄

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
450円 (+税)
486円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら134コイン(※)
4 + 130コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
150 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです