セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

人間、やっぱり情でんなぁ

人間、やっぱり情でんなぁ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

竹本住大夫
ジャンル
文芸
レーベル
文春e-Books
シリーズ
人間、やっぱり情でんなぁ(文春e-book)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
214 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

文楽の鬼、竹本住大夫。九〇歳&大夫引退記念自分の仕事をもっともっと好きになれ!文楽の至宝が熱く語る、日本人の「生きる力」「浄瑠璃はこころで語るもんです」人形浄瑠璃「文楽」の大夫として、日本人の義理人情を語りつづけて六十八年――。“語りの力”で人びとを泣き笑いさせてきた住大夫師匠が、舞台を降りて初めて語る。引退までの日々、先人たちの思い出、文楽と日本のこれから……叱り、叱られ、命がけ!修業六十八年の「芸の真髄」とは・若いうちは裕福になったらあきまへん・成っても成らんでも、一生賭けるから修業です・「途中でやめたら、人に笑われる」と思うてました・テープやビデオは、悪いとこを叱ってくれまへん・弟子が可愛くない師匠はこの世に一人もいてまへん・死ぬまで稽古、死んでも稽古せなあきまへんなぁ【目次】第一章 春のなごりに ~引退まで第二章 師匠、先輩、弟子 ~修業とリハビリの日々第三章 貧乏には勝たなあかん ~三和会の長い旅第四章 デンデンに行こう ~私が育った戦前の大阪第五章 文楽道場に生きる ~教えること・教わること第六章 そして文楽はつづくええ星の下に生まれましたなぁ ~あとがきにかえて

これもおすすめ! ( / )

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
七世竹本住大夫 私が歩んだ90年

1800円(+税)

竹本住大夫/高遠弘美/福田逸

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

100円(+税)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
刀語 第十一話 毒刀・鍍

1100円(+税)

西尾維新/竹

講談社BOX

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
レジェンド7

1200円(+税)

神無月紅/夕薙

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
遠まわりする雛

620円(+税)

米澤穂信

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
星の王子さま

350円(+税)

サンテグジュペリ/小島俊明

中公文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 6 Nil admira...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
まおゆう魔王勇者 4 この手ででき...

857円(+税)

橙乃ままれ/toi8/水玉螢之丞/山北篤/桝田省治

ホビー書籍部

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人間、やっぱり情でんなぁ

1296円(+税)

竹本住大夫

文春e-Books

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1296円 (+税)
1400円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら387コイン(※)
12 + 375コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
996 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです