セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

東京大改造マップ2016-2020

東京大改造マップ2016-2020-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

編集
日経アーキテクチュア
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
日経BP社
配信開始日
2016年01月28日
ページ概数
158 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

気になるあの街の近未来が分かる!
東京五輪決定でさらに活気付く東京の都市改造の最新動向を、日経BP社が発行する建築、土木、不動産、経営の各雑誌の記者たちが取材。
建設・建築だけにとどまらない“東京改造”の影響を、詳細な地図を交えて分かりやすく解説します。
東京で暮らす都市生活者、東京で働くビジネスマンはもちろん、「ビル」や「鉄道」、「地図」や「街歩き」に興味を持つ方など、さまざまな層に“東京”というリアルな都市の、手が届くほどの近い未来に思いを馳せてもらえる1冊です。
本書がお伝えする情報は、東京に住み、働く方々や、東京を商圏とするビジネスマンの方々、観光などのために訪問する方々が、将来の生活や仕事のイメージをつかむために、そして自ら未来を切り開くために欠かせないものとなるに違いありません。
【主な内容】
首都圏大改造カウントダウン
都内注目10エリアと横浜、その近未来像
■ 渋谷
■ 田町・品川・目黒
■ 新宿・神宮外苑・四谷
■ 虎ノ門・六本木・赤坂
■ 大手町
■ 日本橋・京橋
■ 銀座・日比谷
■ 晴海・豊洲・有明
■ 池袋
■ 赤羽・十条
■ 横浜
≪ホテル≫東京駅東側や銀座で開発ラッシュ
≪ライフスタイル≫これからの都心、住むべき場所
≪舟運+水辺整備≫矢継ぎ早に進み始めた 「水の都」の面影再生
≪歴史・地理≫「過去」を問い 記憶を重ねる
≪家守再来≫“民”の力で治める江戸の知恵

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1115 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年3月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • Check!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

NEW!

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
深愛

325円(+税) (02/23まで)

水樹奈々

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
父・金正日と私 金正男独占告白

463円(+税) (02/28まで)

五味洋治

文春文庫

NEW!

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ミステリーの書き方

437円(+税) (02/23まで)

日本推理作家協会

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲームラボ 2017年 3月号

778円(+税)

ゲームラボ編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
東京大改造マップ2016-2020

1200円(+税)

日経アーキテクチュア

――

価格
1200円 (+税)
1296円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:12コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
900 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです