ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

隣之怪 第六夜 白刃の盾

著者
木原浩勝

あらすじ・内容

夢か、幻か、それとも本当なのか……新タイプの怪談シリーズ第6弾!

高熱が出た時だけ現れる浪人風の侍。単なる夢か、それとも……。その侍が巻いている鉢巻に描かれている印のことを話した瞬間、母の顔色が変わった……(「白刃の盾」)。独自の語り口で展開される16編の怪談実話。

電子書籍 最新刊
価格

1,430(税込)

1,300円 (+消費税130円)

付与コイン
13(*詳細)

作品情報

シリーズ
隣之怪
著者
レーベル
角川書店単行本
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
236
配信開始日
2014/6/27
底本発行日
2014/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「隣之怪」シリーズ作品一覧(全6冊)

572円〜1,430(税込)

  • 文芸 隣之怪 木守り

    古道具商の父親が買いつけてきた薄汚れた紙箱。蓋には、御札のようなもので封をしてある。開けてみると、こけしに似た木の棒が入っていた。なんとなく奇妙な味わいを感じて店のガラスケースに飾っておくと、すぐに売れた。しかし数日後、その客は右手に怪我をして品物を返しにきた。不思議なことに、そんなことが何度も続く。そこに秘められた恐ろしい因縁とは…。「新耳袋」には書けなかった怪談集、シリーズ第1弾!

    価格

    638(税込)

    580円 (+消費税58円)

  • 文芸 隣之怪 蔵の中

    小学校の夏休み、父の実家の蔵からは、夜になると宴会の声が聞こえた。しかしその晩、大人たちは早く寝たという。翌日の夜、楽しそうな声に誘われて蔵の扉を開けたところ…。蔵にまつわる恐ろしくも哀しい話(「蔵の中」)。自宅で娘の遺書を発見した妻が倒れた。暖かい部屋にいるのに、恐ろしいほど体温が下がっている。そして妻の口から驚きの言葉が…(「白い息」)。恐怖と感動が絶妙にブレンドされた、怪談シリーズ第2弾!

    価格

    638(税込)

    580円 (+消費税58円)

  • 文芸 隣之怪 第三夜 病の間

    そこに泊まると必ず人が死ぬといわれる、友人の実家にある「病の間」。私は興味半分にその部屋にビデオカメラを置いた。翌日、録画をチェックした私がビデオに中に見たものは!?恐怖のシリーズ第3弾!

    価格

    638(税込)

    580円 (+消費税58円)

  • 文芸 隣之怪 第四夜 息子の証明

    息子が逝く直前に言ったのは「死後の世界を証明してみせる」…。二週間後。仏壇の中の位牌が動いていた……(「息子の証明」)。 恐怖の中にも、心を動かす話がある。怪談を超えた実話怪談全17話。

    価格

    572(税込)

    520円 (+消費税52円)

  • 文芸 隣之怪 第五夜 主人の帰り

    主人が突然亡くなった。ある日、夢枕に主人が現れ、私はお帰りなさいと呟いた。その3か月後、お客さんが持ってきたノルウェーのミュージシャンのCD。そこに写っていたものは…!? 18話の実話を紹介!

    価格

    1,320(税込)

    1,200円 (+消費税120円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

13コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「隣之怪 第六夜 白刃の盾」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報