セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

榎田ユウリ『妖奇庵夜話』『カブキブ!』【期間限定!試し読み特別版】

榎田ユウリ『妖奇庵夜話』『カブキブ!』【期間限定!試し読み特別版】-電子書籍 拡大する

著者
榎田ユウリ
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
角川文庫
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年11月25日
ページ概数
299 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

2017年テレビアニメ化決定の人気青春小説『カブキブ!』と、妖人探偵伊織の活躍を描いた『妖奇庵夜話』。面白さ絶対保証の2作をダブルで読むチャンス!

2017年テレビアニメ化決定の人気青春小説『カブキブ!』と、妖人探偵伊織の活躍を描いた『妖奇庵夜話』。面白さ絶対保証の2作をダブルで読むチャンス!

「妖奇庵夜話」内容紹介
美貌の青年茶道家・洗足伊織(せんぞく いおり)は、妖怪のDNAを持つ「妖人」だ。
妖人は見た目も人と変わらないが、伊織はその不思議な力で、人と妖人を見分けることができる。
その力と明晰な頭脳のため、警察に頼られて、伊織は妖人や妖怪がらみの事件に巻きこまれることに。
家令で管狐(くだぎつね)の青年・夷(えびす)、小豆洗いの美少年マメという「家族」との平穏な暮らしを邪魔されて、
不機嫌になりながらも、捜査にかり出される伊織だが……。

「カブキブ!」内容紹介
歌舞伎大好きな高校生、来栖黒悟(くるすくろご 通称クロ)の夢は、部活で歌舞伎をすること。
けれどそんな部は存在しない。そのため、先生に頼んで歌舞伎部をつくることに! 
無口でメガネな親友・村瀬トンボとともに、クロはメンバー集めを始める。
ターゲットは、梨園に関わりがあるという噂の、
ロックバンドのボーカルで破壊的な音痴の阿久津新(あくつ しん)。
演劇部のスターで、男子よりも二枚目な女子の浅葱芳(あさぎ かおる)。
日本舞踊の師範の息子だが、とてもそうは見えないマッチョな丹羽花満(にわ はなみち)。
けれど候補者にはことごとく断られてしまい……。
「それでも俺は、歌舞伎が好きだ!」
情熱とワクワクがとまらない、青春歌舞伎物語!

※本書は、「妖奇庵夜話」「カブキブ!」のそれぞれ1話を収録した試し読み版です。

(C)Yuuri Eda 2009, 2016

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
妖奇庵夜話 人魚を喰らう者

300円(+税) (03/02まで)

榎田ユウリ

角川ホラー文庫

ライトノベル

  • Check!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
宮廷神官物語 双璧の王子ライトノベル

500円(+税)

榎田ユウリ/カトーナオ

角川ビーンズ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
カブキブ! 5

560円(+税)

榎田ユウリ

角川文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
宮廷神官物語 王子の証と世継の剣ライトノベル

440円(+税)

榎田ユウリ

角川ビーンズ文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
カブキブ! 3

240円(+税) (03/02まで)

榎田ユウリ

角川文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
カブキブ! 1

250円(+税) (03/02まで)

榎田ユウリ

角川文庫

ライトノベル

  • Check!
  • カートに入れる
  • 完結
宮廷神官物語 書に吹くは白緑の風ライトノベル

480円(+税)

榎田ユウリ/カトーナオ

角川ビーンズ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ここで死神から残念なお知らせです。ライトノベル

610円(+税)

榎田ユウリ

新潮文庫nex

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
榎田ユウリ『妖奇庵夜話』『カブキブ...

無料

榎田ユウリ

角川文庫

価格
0円 (+税)
0円 (税込) (※)
  • 無料サンプルを見る
  • 無料でもらう

    販売期限
    2017/05/24 23:59
    閲覧期限
    期限なし

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです