セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。マンガ

海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

著者
たいらさおり
ジャンル
マンガ
レーベル
――
出版社名
秀和システム
配信開始日
2015年05月16日
ページ概数
154 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

海上自衛隊にハマッたオタク女子が、海上自衛官とうっかり結婚! しかし、海上自衛官との生活は思った以上に驚きと萌えの連続でした。本書は、海上自衛官と漫画家カップルのなれ初めから結婚生活・子育てまでを描いた、笑いあり涙ありの漫画エッセイです。待ち合わせはヒトヒトサンマル、金曜日にはカレーを食べる、出産という名の戦闘訓練、絆のありかなど頼れる海上自衛官の旦那様ならではのエピソードをお楽しみください。

おすすめコメント

自衛官という人間と一緒に生きる?

災害時、民間人を助ける献身的な活動がニュース番組で伝えられ、
その無私な姿に感動・共感を覚える人も多い自衛隊。
しかし、「中の人」は普段、どういう生活をしているのでしょう?

著者は、自衛隊の兵器・装備という「鉄」に萌えていた腐女子マンガ家。
彼女が自衛官という「人間」に出会い、結婚生活に突入するプロセスを描いた本書を読めば、
自衛官とのリアルな生活がわかります。

真面目だけどコミカルな腐女子×自衛官のリアルをお楽しみください。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
北海道民のオキテマンガ

1000円(+税)

さとうまさ&もえ/たいらさおり

中経☆コミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
もっと! 北海道民のオキテマンガ

1000円(+税)

さとうまさ&もえ/たいらさおり

中経☆コミックス

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Bloody Mary, Volu...マンガ

800円(+税)

Akaza Samamiya

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ブラック家庭~マインドコントロール...マンガ

100円(+税)

伊東爾子

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ブラック家庭~僕だけの君だから~マンガ

100円(+税)

阪口ナオミ

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ブラック家庭~ハラスメント~マンガ

100円(+税)

牧原もも

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ブラック家庭~D・V(ドメスティッ...マンガ

100円(+税)

川崎三枝子

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
増刊 ブラック家庭SP(スペシャル...マンガ

602円(+税)

増刊 ブラック家庭SP(スペシャル)編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
海自オタがうっかり「中の人」と結婚...マンガ

833円(+税)

たいらさおり

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
833円 (+税)
900円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら249コイン(※)
8 + 241コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
533 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです