セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

地球外生命 9の論点 存在可能性を最新研究から考える

地球外生命 9の論点 存在可能性を最新研究から考える-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

立花隆
佐藤勝彦
長沼毅
皆川純
菅裕明
他 7人
▼ もっと見る
ジャンル
実用
レーベル
ブルーバックス
シリーズ
地球外生命 9の論点 存在可能性を最新研究から考える(ブルーバックス)
出版社名
講談社
配信開始日
2015年07月24日
ページ概数
341 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

タブーではなくなった地球外生命。地球の外にも生命は存在するのか? 科学ではタブーとされてきたこの問いは、21世紀に入ってからの相次ぐ新発見によりいまや科学者が真剣に取り組むテーマとなった。宇宙に「地球」はたくさんあるとする天文学者、「生命」は地球だけの奇跡だという生物学者、各分野のトップランナーが最新成果をもとに地球外生命を考える「論点」を呈示する。(ブルーバックス・2012年6月刊)

(c)立花隆/佐藤勝彦/長沼毅/皆川純/菅裕明/山岸明彦/重信秀治/小林憲正/大石雅寿/佐々木晶/田村元秀/自然科学研究機構/講談社

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1127 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年7月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年6月5日号No.2...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
完全マニュアル セックスの間違い1...

185円(+税) (06/01まで)

講談社/池下育子

――

NEW!

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
yom yom vol.44(20...

350円(+税) (05/31まで)

三上延/千早茜/尾崎世界観/神田松之丞/恒川光太郎/カレー沢薫/岡崎琢磨/谷瑞恵/藤井太洋/最果タヒ/益田ミリ/東川篤哉/朱野帰子/須賀しのぶ/中山七里/乾緑郎/早坂吝/吉川トリコ/成田名璃子/吉野万理子/蒼月海里/三川みり/梶尾真治/杉江松恋/新井久幸

yom yom

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

417円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
地球外生命 9の論点 存在可能性を...

900円(+税)

立花隆/佐藤勝彦/長沼毅/皆川純/菅裕明/山岸明彦/重信秀治/小林憲正/大石雅寿/佐々木晶/田村元秀/自然科学研究機構

ブルーバックス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
900円 (+税)
972円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら315コイン(※)
9 + 306コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
600 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです