セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

聖女の罪と罰

聖女の罪と罰-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

碧千塚子
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
聖女の罪と罰
出版社名
ブイツーソリューション
配信開始日
2016年09月16日
ページ概数
241 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

重低音を響かせるのは日本とイタリアの歴史。江戸から明治維新で格式を誇っていた碧小路家には宿本陣という役目はなくなった。しかし広大な屋敷は歴然と存在していた。第一次世界大戦で植民地を得られなかったイタリアは、再建を図るムッソリーニの元でファシズムに傾倒していく。二つの国の歴史のうねりに巻き込まれるヒロイン、碧小路美和。
華麗なるメロディを奏でるのはオペラ「蝶々夫人」「ワルキューレ」など。台詞が主人公・歌姫・美和の運命に呪いをかけて行く。歌詞が全編に配される。
勿論主題は登場人物の愛情劇。男と女、父と娘、母と娘、友情等が絡み合って足掻いてもあがいても運命に流されていく。子が親を慕う強い愛が全てを安らぎの世界に導く。
最期を彩るのは装飾音のようにきらめく美しい景色、碧小路家の広大な屋敷、ムッソリーニが威信をかけたて改築したミラノの大駅舎の建造。リビアの廃墟となった教会での闇夜の結婚式、スイス等36章に渡るそれぞれのシーンは人間の過酷な運命に引き換えてあまりに美しい。
物語は淡々と静かに語られていく。時にはメルヘンチックに、時にはシニカルに。オペラを知っている方にはメロディが響き渡り、知らなかった方には言葉が美しく響くだろう。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

100円(+税)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
化物語(中)

900円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
トレイル・テイルズ 楽園の彼方に

93円(+税)

森野雅人

フォレスタ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
まおゆう魔王勇者 5 あの丘の向こ...

857円(+税)

橙乃ままれ/toi8/水玉螢之丞/山北篤/桝田省治

ホビー書籍部

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
花物語

1300円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
観賞対象から告白されました。 3

900円(+税)

沙川蜃/芦澤キョウカ

アリアンローズ

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 3 The Finest...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
化物語(下)

920円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
聖女の罪と罰

950円(+税)

碧千塚子

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
950円 (+税)
1026円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら284コイン(※)
9 + 275コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
650 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです