セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

粘膜シリーズ【4冊 合本版】 『粘膜人間』『粘膜蜥蜴』『粘膜兄弟』『粘膜戦士』

粘膜シリーズ【4冊 合本版】 『粘膜人間』『粘膜蜥蜴』『粘膜兄弟』『粘膜戦士』-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
飴村行
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
角川ホラー文庫
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年09月24日
ページ概数
1306 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

あなたの五感すべてに揺さぶりをかける猛毒ミステリ・ホラー。型破りな「粘膜」シリーズの合本版が、ファン垂涎のオリジナル特典つきでついに登場!

あなたの五感すべてに揺さぶりをかける猛毒ミステリ・ホラー。型破りな「粘膜」シリーズの合本版が、ファン垂涎のオリジナル特典つきでついに登場!

【収録作】
『粘膜人間』:異形な巨体を持つ小学生の弟に脅える、長兄の利一と次兄の祐二。弟の殺害を計画した二人は、村のはずれに棲む〈ある男たち〉に依頼した……第15回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。

『粘膜蜥蜴』:上官の命令に服従する兵士、戦地で負傷した帰還兵、侵入者に拷問を加える憲兵、爬虫人のサーカスに夢中になる少年……”粘膜”シリーズ最低にして最高の凱旋!
 
『粘膜兄弟』:ある地方の町外れに住む双子の兄弟。戦時下の不穏な空気が漂う中、二人は一人の女をめぐり凄惨な運命に身を委ねていく……驚異のシリーズ第3弾!

『粘膜戦士』:東南アジアの密林に棲息するという爬虫人〈ヘルビノ〉とは? 戦時中の日本で起こる未曾有の凄惨な事件の数々。第63回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)受賞作!

電子合本版オリジナル特典:
(1)著者による粘膜シリーズのセルフ解説
(2)直筆サイン
(3)富蔵イラスト

※本電子書籍は「粘膜人間」「粘膜蜥蜴」「粘膜兄弟」「粘膜戦士」を1冊にまとめた合本版です。

(C)Kou AMEMURA 2008, 2012

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜兄弟

740円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜人間

500円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
爛れた闇

620円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
路地裏のヒミコ

1111円(+税)

飴村行

文春e-Books

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜蜥蜴

660円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ジムグリ

1700円(+税)

飴村行

集英社文芸単行本

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜黙示録

648円(+税)

飴村行

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜戦士

580円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
粘膜シリーズ【4冊 合本版】 『粘...

2220円(+税)

飴村行

角川ホラー文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
2220円 (+税)
2398円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら665コイン(※)
22 + 643コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1920 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです