セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

陰陽師 玉兎ノ巻

陰陽師 玉兎ノ巻-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

夢枕獏
ジャンル
文芸
レーベル
文春文庫
シリーズ
陰陽師(文春文庫)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年09月30日
ページ概数
275 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

祝・「陰陽師」シリーズ30周年!

連載開始から30年目を迎えた、大人気の『陰陽師』シリーズ。
今回も、稀代の陰陽師・安倍晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍するほか、
酒をこよなく愛する法師陰陽師・蘆屋道満や盲目の琵琶法師・蝉丸も登場。

月の蝕が起こる夜、奇異なる兎が晴明を呼ぶ――
二本足で立ち、人の言葉を話す兎が探していたものとは。
今宵も晴明と博雅が、平安の都の怪異に挑む。

陰陽師(文春文庫) ( 18 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師

546円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 酔月ノ巻

518円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 太極ノ巻

500円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 瀧夜叉姫(下)

620円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 瀧夜叉姫(上)

620円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 醍醐ノ巻

509円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 付喪神ノ巻

565円(+税)

夢枕獏

文春文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 天鼓ノ巻

476円(+税)

夢枕獏

文春文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黄金獣(上)淫花外法編

510円(+税)

夢枕獏

祥伝社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
エヴェレスト 神々の山嶺 電子特別...

2100円(+税)

夢枕獏

角川文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
大江戸釣客伝(上)

676円(+税)

夢枕獏

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悪夢喰らい

460円(+税)

夢枕獏

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黄金宮1 勃起仏編

500円(+税)

夢枕獏

講談社文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
陰陽師 2巻マンガ

771円(+税)

岡野玲子/夢枕獏

メロディ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
SF JACK

920円(+税)

新井素子/上田早夕里/冲方丁/小林泰三/今野敏/堀晃/宮部みゆき/山田正紀/山本弘/夢枕獏/吉川 良太郎/日本SF作家クラブ

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
大江戸恐龍伝 四

日本国内のみ販売

夢枕獏

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陰陽師 玉兎ノ巻

1204円(+税)

夢枕獏

文春文庫

価格
1204円 (+税)
1300円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:12コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
904 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです