ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

新書

ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術

あらすじ・内容

あなたはまだ生活者を、客席に座って企業が伝えたい情報をただ受け取るだけの「観客」だと思っていませんか? 本書は生活者を会社や商品、ブランドの隣に立ち、リアルタイムでやり取りをする「相方」と捉えることから始まります。「お笑い」をヒントに企業が世の中に愛され受け入れられていくための「ツッコミュニケーション」を提案。

今、企業がコミュニケーションしている相手は「素人」ではありません。 当たり前だ? たしかに。ユーザーは、ときにマーケティング担当者やクリエイター以上に商品やブランドを愛し、「自分のもの」と思ってくれています。見方によっては、身銭を切って日々使っている彼らのほうこそ、その商品のプロと言ってもいいかもしれません。 でも、ここで言いたい「素人」とは、そういうことではありません。「面白さ」や「笑いのセンス」など広告表現において、つくり手が視聴者を素人扱いすることはもはやできない、という意味です。ちょっと大げさに言えば、企業の広告宣伝や広報は、1億2千万人のお笑い芸人=玄人を相手に「ネタ見せ」をしているような状況なのです。こうした「お笑い的なコミュニケーション」を身につけた生活者に対して、企業はどのように向き合っているでしょうか? 本書では、ボケとツッコミが掛け合うお笑い的な情報のやり取りに注目して、これからの企業コミュニケーションのあり方について考えてみます。ツッコミとコミュニケーションを合わせて、「ツッコミュニケーション」。 それは、うまく活用すれば、「話の面白い男がモテる」のと同じように、きわめて効果的な情報の伝え方になるはずです。また、こうしたコミュニケーションをタイミングよく出すことができれば、規模や広告予算の少ない企業も「イケメン」=大企業に勝てるチャンスがあるでしょう。 それでは、広告や広報がスルーされ、カットされるような哀しい存在にならないための「ツッコミュニケーション」とはいかなるものか、ひとつひとつ明らかにしていきましょう。

電子書籍
価格

817(税込)

743円 (+消費税74円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
アスキー新書
出版社
角川アスキー総合研究所
カテゴリ
新書
ページ概数
194
配信開始日
2013/4/10
底本発行日
2013/4
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報