ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン
コインUPキャンペーン分
+0コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
1904年の評論「露骨なる描写」と1907年の短編小説「蒲団」で自然主義文学をリードした田山花袋が、「平面描写論」のさらなる実践として、1908年、読売新聞に連載した自伝三部作の第一部に当たります(第二部は日本新聞連載の「妻」、第三部は毎日電報連載の「縁」)。友人でライバルの島崎藤村が同時期に朝日新聞に「春」を連載していたこともあり、世間の注目を集めました。「生」では、明治時代前半までの田山家(作中では吉田家)の歩みと、癌を病む母の介護と死をきっかけにして、家族が再生していく様子が描かれており、老いた親との同居と介護という今日性のあるテーマが特徴的です。ITmedia 名作文庫では、『生』(易風社、1910年3月15日発行第3版)を底本に、2010年の常用漢字改定に照らし合わせ、現代仮名遣いへ改めました。加藤武雄と前田晁による解説、片岡良一による田山花袋論「『生』とその周囲」も収録しています。底本は総ルビのため、当て字を除き常用漢字のルビは削除しています。

目次:

評論 露骨なる描写
解説 加藤武雄
解題 前田晁
「生」とその周囲 片岡良一
田山花袋 略年譜及び著作一覧(編集部)


著者について:
1872(明治4年)年1月22日、群馬県邑楽郡館林林町に生まれる。本名は録弥。1891年、尾崎紅葉を訪問、江見水蔭を紹介される。太田玉茗、柳田國男、島崎藤村、国木田独歩らとの交流も始まり新体詩を書くようになる。1899年、博文館編集局入社(1912年退社)。「少年世界」、「文章世界」に携わる。1901年に序文で写実主義宣言を行った『野の花』を刊行。1904年に自然主義文学論「露骨なる描写」を発表、その実践作「蒲団」(1907)が評判になる。以後、自伝三部作の『生』(1908)、『妻』(1909)、『縁』(1910)のほか、『田舎教師』(1909)、『時は過ぎ行く』(1916)、『東京の三十年』(1917)、『百夜』(1927)など。1930年没。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「生」を見ている人にこれもおすすめ

「生(アイティメディア株式会社)」シリーズ作品一覧(1冊)

300(+税)

生(アイティメディア株式会社)のシリーズ詳細ページへ

「生」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
307

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/7/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューワー
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューワー
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面