セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

【ストア横断】3/30 新年度準備キャンペーン!

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

サイババ超体験ふたたび ――2011年から動き出したインド・ムッディナハリでの新事実

サイババ超体験ふたたび ――2011年から動き出したインド・ムッディナハリでの新事実-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

西田みどり
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
サイババ超体験ふたたび ――2011年から動き出したインド・ムッディナハリでの新事実
出版社名
知玄舎
配信開始日
2016年05月20日
ページ概数
228 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

本書はインドの聖者、神の化身として知られ、2011年に逝去したサティヤ・サイババの逝去後、新たにムッディナハリで展開している最新の状況を取材から書き下ろしたルポを第一部としてまとめ、第二部には著者が1994年に上梓した『サイババ超体験』(徳間書店)を大幅に改稿した最新刊。サイババについてその出生から背景、今も活発化している活動の全容を知ることができる、客観的な取材に基づく解説書です。2011年4月24日、サイババは肉体を離脱しました(享年85歳、インドで国葬)。しかしその直後すぐに、サイババはメタフィジカルな(目には見えない)サトル体=微細体=エネルギー体で復活し、存命中から行ってきた活動を継続的に指導していることが伝えられています。その活動拠点が、プッタパルティに近いムッディナハリです。本書は、存命中のサイババの計画が今も受け継がれ、復活したサトル体サイババの指導のもと、滞りなく進展している新しい動きをルポで伝えると同時に、サイババ・ブームが起こった1994年の状況を振り返り、あらためてサイババがこの時代の地球に登場し、存在している意味と意義を客観的に考え、見直すきっかけとなる格好の書です。

(c)西田みどり/知玄舎

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1120 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年5月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃G'sコミック 2017年5月...

日本国内のみ販売

電撃G’sコミック編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

400円(+税)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
東方文果真報 Alternativ...

日本国内のみ販売

ZUN

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとり暮らしの簡単!自炊BOOK

500円(+税)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年4月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サイババ超体験ふたたび ――201...

1000円(+税)

西田みどり

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1000円 (+税)
1080円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら450コイン(※)
10 + 440コインUP
2017/03/31 17:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
700 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです