ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇

著者
小笠原 啓
価格
1600円 1,600 (+税)
獲得コイン
16 コイン

獲得コイン16コインの内訳

通常購入分
16コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
何がトップを隠蔽に駆り立てたのか
原発子会社の赤字隠しをスクープした
「日経ビジネス」の記者が徹底取材で明らかにする不正会計の構図
「時間がないんだよ。今月はどうするの。160に対する施策を出してくれ」
「施策が出せないなら(社内カンパニーの)社長に直接そう言えよ、アンタがやるって言ったんだから。あと1週間で160を積むって約束したでしょ。ふざけてるのか」……
上司の厳しい叱責が続く会議の様子。これは、雑誌「日経ビジネス」に持ち込まれたICレコーダーに録音されていた音声だ。ほかにも800人以上の東芝の現役社員やOBらの関係者から多くの情報が寄せられた。
本書は、これらの内部情報と取材班の徹底取材をもとに、なぜ、東芝が不正会計に手を染めることになったのか、その根本的な原因に斬り込む。
東芝は、真の意味で「新生」したと言い切れるのだろうか。
企業の“けじめ”のつけ方を問う。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
274

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/7/22
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇」のおすすめコメント

  • 表に出た「闇」、いまも裏に潜む「闇」

    tanakatronicsBOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2016/07/27

    目先の利益優先で始まった不正な「チャレンジ」。いつかはやめるだろうという曖昧な気持ちが社内の空気を悪くしていく。
    そしてそれを止めたのが匿名の内部告発だった……。
    2015年11月、東芝の不正会計疑惑を日経ビジネスがスクープするところから始まります。
    なぜ不正会計に手を染めなければいけなかったのか。そこには不正を覆い隠すためのパワハラや権力争いがありました。
    内部告発によるメールのやり取りや証言を基に、どうにかして責任を回避したい首脳陣の行動や組織の思惑が暴かれていきます。

    不正会計の全体像が明るみになった今も東芝の経営危機(迷走)は続いてます。
    不採算部門の撤退や事業売却、大規模なリストラ。しかし経営陣は刷新されたのか……。
    取材班は粘り強く東芝の再生過程をレポート。

    シャープ、ソニーなどとは違う理由で経営危機に陥った東芝。
    闇はまだ続いています。すべては企業自らの手で真相を明らかにする自浄作用が働くかどうかということが大切なんです。

他の作品のコメントを見る

最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面