セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ジャンボと飛んだ空の半世紀

ジャンボと飛んだ空の半世紀-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

杉江弘
ジャンル
新書
レーベル
交通新聞社新書
シリーズ
ジャンボと飛んだ空の半世紀
出版社名
交通新聞社
配信開始日
2016年09月23日
ページ概数
219 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

総飛行時間2万1000時間、B747乗務時間1万4051時間という驚異的な記録を残した著者が、42年間一度も乗客乗員の怪我や機材の損傷も起こさなかったパイロット人生を振り返り、さまざまな航空機事故や自身の体験を検証しつつ、航空業界の歴史や昨今の事情を紐解く。ただの回顧録や提言にとどまらず、職務を全うするとういうことは何か、真のプロフェッショナルについて考えさせられる書でもある。杉江 弘(すぎえひろし)1969年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、日本航空入社、DC8、B747、エンブラエルE170に乗務。B747乗務時間で世界一の記録を持つ。総飛行時間は2万1000時間に及ぶ。同社安全推進部に所属中は「スタビライズド・アプロ-チ」など、航空界の安全施策を立案推進する。主な著書に「機長の告白」「機長の失敗学」(ともに講談社)、「機長が語るヒューマン・エラーの真実」(ソフトバンク新書)、「プロフェッショナル・パイロット」(イカロス出版)、近著には「日本人はなぜ足元を見られるのか?」(2012年8月刊、アスキー新書)がある。日本エッセイスト・クラブ会員。 ※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
er-ラブホスタッフ上野さんの人生...

1852円(+税)

上野

eロマンス新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
業界地図の見方が変わる! 無名でも...

700円(+税)

田宮寛之

講談社+α新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦争にチャンスを与えよ

788円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捨てられる銀行2 非産運用

750円(+税)

橋本卓典

講談社現代新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
決算書の9割は嘘である

506円(+税) (06/01まで)

大村大次郎

幻冬舎新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
脳が壊れた

760円(+税)

鈴木大介

新潮新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
中国4.0 暴発する中華帝国

741円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ジャンボと飛んだ空の半世紀

700円(+税)

杉江弘

交通新聞社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら245コイン(※)
7 + 238コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです