ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

夜の笑い

飯沢匡
価格
700円 700 (+税)
獲得コイン
7 コイン

獲得コイン7コインの内訳

通常購入分
7コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

1978年、青年劇場で初演、1980年にはフィレンツェ国際演劇祭に招待された喜劇の傑作

第一部「春の軍隊」は、小松左京のSFに材を取ったもの。中流サラリーマンのマイホームに、突然、外国の軍隊が侵入し、家の中が戦場になる。第二部「接触」は島尾敏雄の小説に材を取ったもの。明治19年、熊本の尋常高等小学校を舞台に、授業中に餡パンを食べた5人の生徒たちが、校則違反として、四角四面の女子副校長に死罪を言い渡される。漱石の「坊ちゃん」の先生群が滑稽に絡み、生徒の一人の許嫁の活躍で、悲劇的状況が喜劇的に進行する。
【著者】
飯沢匡
1909年、和歌山市生まれ。劇作家、演出家、小説家。本名は伊沢紀(いざわただす)。文化学院美術科卒業後、東京朝日新聞社入社。在学中からテアトル・コメディに参加、32年に『藤原閣下の燕尾服』で劇作家デビュー。43年『再会』でNHKラジオ賞。戦後『婦人朝日』『アサヒグラフ』編集長を務める。55年、文学座初演の『二号』で第一回岸田演劇賞、67年『五人のモヨノ』で読売文学賞戯曲賞、72年『沈氏の日本夫人』『騒がしい子守唄』で紀伊国屋演劇賞受賞。83年日本芸術院会員。1994年逝去。

(C) Iizawa Tadasu

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「二十一世紀戯曲文庫(一般社団法人 日本劇作家協会)」シリーズ作品一覧(18冊)

450円〜850(+税)

二十一世紀戯曲文庫(一般社団法人 日本劇作家協会)のシリーズ詳細ページへ

「夜の笑い」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
132

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2017/1/17
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「夜の笑い」を見ている人にこれもおすすめ

最近見た作品

一括削除する

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面