セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

こぐこぐ自転車

こぐこぐ自転車-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

伊藤礼
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
平凡社ライブラリー
出版社名
平凡社
配信開始日
2015年08月28日
ページ概数
286 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

古希をまたぎ自転車を始めた面白いことの大家・伊藤センセーの超絶エッセイ。10キロでお尻がミンチだったのがお仲間を引き連れ北海道ツアーにまで。待望のライブラリー化。喜寿でもこぐこぐ。

平凡社ライブラリー ( 36 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
ゲイ短編小説集

日本国内のみ販売

オスカーワイルド/D.H.ロレンス

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
倫理21

840円(+税)

柄谷行人

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
経済成長がなければ私たちは豊かにな...

900円(+税)

C.ダグラスラミス

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
細野晴臣 インタビュー THE E...

1200円(+税)

細野晴臣/北中正和

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
逝きし世の面影

1900円(+税)

渡辺京二

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
英雄が語るトロイア戦争

1300円(+税)

ピロストラトス/内田次信

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
青年マルクス論

1600円(+税)

廣松渉

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
古語雑談

1200円(+税)

佐竹昭広

――

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狸ビール

500円(+税)

伊藤礼

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ダダダダ菜園記 ──明るい都市農業

650円(+税)

伊藤礼

ちくま文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
LV999の村人 2

1200円(+税)

星月 子猫/ふーみ

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
境界探偵モンストルム (2)

800円(+税)

十文字青/晩杯あきら

NOVEL 0

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
ワールドエネミー 不死者の少女と不...

700円(+税)

細音啓/ふゆの春秋

NOVEL 0

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
没落予定なので、鍛冶職人を目指す ...

1200円(+税)

CK/かわく

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
蜘蛛ですが、なにか? 4

1200円(+税)

馬場 翁/輝竜司

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
こぐこぐ自転車

880円(+税)

伊藤礼

――

価格
880円 (+税)
950円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
580 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです