セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

旗本金融道 : 1 銭が情けの新次郎

旗本金融道 : 1 銭が情けの新次郎-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
経塚丸雄
ジャンル
文芸
レーベル
双葉文庫
シリーズ
旗本金融道
出版社名
双葉社
配信開始日
2016年04月26日
ページ概数
225 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

正義感だが無学単細胞の安藤新次郎は、旗本安藤家の次男坊。急死した叔父の末期養子として、母の実家である旗本榊原家の家督を継ぐことになった。その榊原家、家禄一八〇俵の小普請ながら、なぜかとても裕福。それもそのはず、実は榊原家は、「義理欠く、見栄欠く、情け欠く」を座右の銘とする祖父源兵衛の指揮のもと、裏稼業で「金貸し」を手広く行っていたのだ。果たして新次郎の運命や如何に!? 期待の新シリーズ、ついに登場!

旗本金融道 ( 3 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
旗本金融道 : 1 銭が情けの新次...

470円(+税)

経塚丸雄

双葉文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
旗本金融道 : 2 銭が仇の新次郎

470円(+税)

経塚丸雄

双葉文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
旗本金融道 : 3 馬鹿と情けの新...

480円(+税)

経塚丸雄

双葉文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 6 Nil admira...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

270円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
零崎人識の人間関係 無桐伊織との関...

750円(+税)

西尾維新

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
貴族探偵

550円(+税)

麻耶雄嵩

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

364円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子

640円(+税)

内藤了

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ホーンテッド・キャンパス 白い椿と...

600円(+税)

櫛木理宇/ヤマウチシズ

角川ホラー文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
旗本金融道 : 1 銭が情けの新次...

470円(+税)

経塚丸雄

双葉文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
470円 (+税)
508円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら116コイン(※)
4 + 112コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
170 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです