セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

ドロのかぶり方

ドロのかぶり方-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

尾藤克之
ジャンル
実用
レーベル
マイナビ新書
出版社名
マイナビ出版
配信開始日
2015年04月27日
ページ概数
238 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

会社員に責任はつきものです。でも「それってオレの責任じゃないよ」というケース、よくありませんか?・部長の企画を遂行して失敗したのに、そもそも企画自体が自分のせいになっている・課長からもらったフォーマットをもとに報告書を書いて部長に提出したら、「なんだ、このデタラメなフォーマットは!」といわれた。あの、それ課長が作ったフォーマットなんですけど……・課の売上が悪いのは自分だけの責任じゃないのに、なぜかオレひとりが悪者になっている・部長もOKといっていたクセに、社長が反対したとたん「自分も反対でした。ダメだよ、お前」とかいってやがる・課長が安請け合いした仕事なのに、結局、動いているのは自分だけ・課長に指示されて書いた稟議書なのに、部長に却下されたら知らん顔しているなどなど、ドロをかぶらされるケースはいくらでもありますよね。ここに挙げた些細なドロならまだいいですが、ときには大きなプロジェクトの責任をとらされたり、会社をクビになってしまうかもしれないようなケースもあったりします。・うまくいっていない新規事業のプロジェクトリーダー・設立以来、赤字しか計上していない部署の責任者・取引を切られそうな大口顧客の営業担当・不祥事の後始末を託されたリーダーなんてドロをかぶった日には、ぼやきたくなることもあるんじゃないでしょうか。本書はそんな「ドロかぶり」のノウハウに焦点をあてた自己啓発新書です。著者は元衆議院議員秘書で、大手コンサルタント会社に勤務したり、IT系上場企業の役員を経験したりしてきました。その著者だからこそ書ける至極のドロかぶり術を、ぜひご覧ください。 理不尽なドロも上手にかぶれば、出世の大チャンスです!

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1119 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ファイナルファンタジーXIV 光の...

1450円(+税)

マイディー

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年4月3日号No.1...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
これ以上やさしく書けない 問題解決...

667円(+税)

西村克己

Panda Publishing

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

250円(+税)

anan編集部

――

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート2

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ドロのかぶり方

571円(+税)

尾藤克之

マイナビ新書

価格
571円 (+税)
617円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
271 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです