セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

黒水仙

黒水仙-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

藤雪夫
藤桂子
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
菊地警部シリーズ
出版社名
東京創元社
配信開始日
2015年12月18日
ページ概数
332 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

宮城県の第八十八銀行白山支店で行員が射殺され、現金一億円と支店長が消えた。行員の口に押し込まれていたハンカチに施された黒い水仙の刺繍に、捜査官は首を傾げる。ほどなく、崖下に転落炎上した車から支店長が見つかり、当局は方針転換を迫られることに。強奪された一億円のうち紙幣番号の判明した十枚に関して得た情報が呼び水となって、東京の守衛殺しとの関連性も浮上、事件は思いがけない様相を呈していく。菊地警部が苦悩しつつも辿り着いた、黒水仙に象徴される悪しきものとは何か。父娘作家の出発点『獅子座』に続くシリーズ第2作。

菊地警部シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
獅子座

720円(+税)

藤雪夫/藤桂子

創元推理文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
疑惑の墓標

740円(+税)

藤桂子

創元推理文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
逆回りの時計

860円(+税)

藤桂子

創元推理文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黒水仙

720円(+税)

藤雪夫/藤桂子

創元推理文庫

これもおすすめ! ( / )

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
刀語 第十一話 毒刀・鍍

1100円(+税)

西尾維新/竹

講談社BOX

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
うちの執事が言うことには 9

560円(+税)

高里椎奈

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
不思議の国のアリス+鏡の国のアリス...

840円(+税)

ルイス・キャロル/河合祥一郎

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
最後にして最初のアイドル

120円(+税)

草野 原々

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 2 Plus Ultra

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
化物語(上)

640円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
0能者ミナト<10>

630円(+税)

葉山透

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
寄生してレベル上げたんだが、育ちす...

1200円(+税)

伊垣久大/そりむらようじ

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黒水仙

720円(+税)

藤雪夫/藤桂子

創元推理文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
720円 (+税)
778円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら215コイン(※)
7 + 208コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
420 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです