ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

いきどまり

価格
277円 277 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
これは、出口を見失ったしまった「記憶」をめぐる物語。

寝入りばなにこめかみを叩かれた時、思わず目を開けてしまった「私」は、「いきどまり」という物の怪に取り憑かれてしまう。「いきどまり」は、夜な夜な現れては、関西弁で、さまざまな奇妙なことをまくしたてる。

「私」は故郷を離れ、OLとして大阪で働いているのだが、「いきどまり」とのやりとりのなかで、次第に、「私」の過去のある出来事が明らかになっていく……。


**********

 寝入りばなに、こめかみを、とんとんと叩かれた。思わず目を開けそうになる。私は、かろうじてその衝動を抑えた。
「いきどまりだわ」
 寝入りばなにこめかみを叩かれた時は、絶対に目を開けてはいけない。子供のころ、お兄さんにそう言われたのだ。
「里を離れて、西に行くほど、いきどまりが出るんだ。おまえはいきどまりに狙われやすい気質に違いないから、気をつけなければいけないよ」
 目を開けてはいけない。絶対に。
 とんとん。とんとん。いきどまりは、執拗にこめかみを叩いてくる。眠気がどんどん遠のいていく。

**********

 私は、そおっと目を薄く開けてみた。枕もとに、何者かが正座している。しまった、と思った時はもう遅かった。全身の筋肉が硬直して、目を閉じることも、身動きすることもできない。
「ほお、目開けたんか」
 関西弁だ。土地柄だろうか、それとも、いきどまりというのは関西弁が普通なのだろうか。
「あんた、里のお兄さんに言われたんやろ。寝入りばなに、こめかみをとんとんされても、目開けたらあかんて」

(1「プロローグ」より)

**********
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「いきどまり」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
125

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2017/10/13
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面