ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

新書

本当は危ない植物油 その毒性と環境ホルモン作用

著者
奥山治美

あらすじ・内容

実験動物に「環境ホルモン作用」を示した油はどれだ!?

「植物性は安全」という神話に惑わされてはいけない。実験で明かされた「環境ホルモン作用」はダイオキシンよりも重大な問題だ――。専門50年の研究者がその研究生活を終えるに当り、今、強く警鐘を鳴らす。

電子書籍
価格

858(税込)

780円 (+消費税78円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
角川oneテーマ21
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
新書
ページ概数
154
配信開始日
2013/7/10
底本発行日
2013/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「本当は危ない植物油 その毒性と環境ホルモン作用」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

おすすめコメント

  • 植物油への見方がかわること間違いなし!

    油が病気のリクスを高める!?寿命を縮める!?
    何気なく使っていた油が、健康を害することなんて・・・・?
    と思っていたけど、読んで納得。
    今まで何も意識せず使用していた植物油。植物油がもたらす健康被害をデータに基づいて論証する本書に、自分の食生活を見直すだけでなく、知識のなさの恐怖まで感じてしまいました。

    2013/08/26

お得な情報