セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

子どもが学校に行かなくなったら赤飯をたきなさい!

子どもが学校に行かなくなったら赤飯をたきなさい!-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
大越俊夫
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
サンマーク出版
配信開始日
2016年07月30日
ページ概数
205 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

学校へ行けない不登校児の数は中退生も含めれば全国に25万人いるといわれている。
著者である師友塾塾長・大越俊夫氏はすでに26年前から、
不登校という教育の迷路に入り込んだ子どもたちを集めて、
「彼らの魂に火を」という独自の理念のもとに私塾を経営してきた。
その「師友塾」の卒業生はもはや5千人を超えた。
そこで得た結論は「不登校児はすばらしい人間性を持った子どもたちだ」ということだ。
四半世紀にわたって「学校外教育」にたずさわり、不登校児の最前線で子どもたちと喜怒哀楽をともにしてきたエピソード、
その体験から醸造された教育観、不登校の子どもをよみがえらせる再生のメソッド、
また大越氏の人生観や社会批判などが豊富な実例とともに語られる。【目次より】◎池にフナが浮くのはだれのせいか
◎競争社会を下品だと感じている子どもたち
◎「ふつうの子」に不登校児がふえてきた
◎「なぜ」を問うことが許されない学校
◎脳幹の未発達も不登校要因の一つ
◎不登校は次の新しい社会に向かう行為
◎子どもは大人を尊敬したがっている
◎親のこんな言葉が子どもの心を殺す
◎「アホなおとんとマヌケなおかん」の温もりこそ大事
◎子どもの存在をまるごと受け止める肚を決めよ
◎「学校へ行かない生き方」を楽観的に認めよう

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1104 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
男が知りたい女のからだ なかなか聞...

860円(+税)

河野美香

ブルーバックス

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月12日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
CLASSY.(クラッシィ) 20...

556円(+税)

CLASSY.編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
子どもが学校に行かなくなったら赤飯...

1300円(+税)

大越俊夫

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1300円 (+税)
1404円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら390コイン(※)
13 + 377コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1000 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです