ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

医学部ウラとオモテ―週刊東洋経済eビジネス新書No.117

価格
200円 200 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
医者を目指す若者が増えている。医学部の延べ志願者数は、2007年度の12.8万人から14年度は16.9万人まで増加。中でも近年目立つのが、一般家庭の子どもの受験だ。
 ある医学部受験専門予備校では、生徒の親の職業は、半分が医師、2割が歯科医師、そして3割が経営者や一般のサラリーマン。「8割が医師の子どもだった10年前とは様変わりした」という。私大医学部は医師の家庭だけが受ける特別なもの、という時代ではなくなっている。
 何が若者を引き付けるのか。医学部受験の現状、大学病院の実態を探った。

 本誌は『週刊東洋経済』2015年3月21日号掲載の23ページ分を電子化したものです。

●●目次●●
Part1 過熱化する医学部受験
 一般家庭の志願者が増加。吸い寄せられる「理系秀才」
 9歳からの「ロケットスタート」
 ここまできた医学部入試。新しい傾向と対策
 Interview 天野篤●天皇陛下執刀医・順天堂大学医学部教授
Part2 「白い巨塔」の裏側
 医学部の知られざる内実
 column「国試“9割”合格の嘘」
群馬大外科医の「暴走」
 【覆面座談会】勤務医はけっこう大変
 有力教授の「副収入事情」
 被災地医療は変わるか。東北の「医師不足」
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「週刊東洋経済eビジネス新書(週刊東洋経済eビジネス新書)」シリーズ作品一覧(238冊)

200円〜700(+税)