ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

別冊文藝春秋 電子版18号

あらすじ・内容

別冊文藝春秋(通巻334号/2018年3月号)

本誌で「空を拓く」を連載中の門井慶喜さんが、「銀河鉄道の父」で第一五八回直木三十五賞を受賞しました。「空を拓く」は、東京駅や日本銀行本店の設計を手掛けたことでも知られる建築家・辰野金吾の人生を通して、近代都市誕生のロマンに迫る物語。新直木賞作家の最新作にご注目下さい。三崎亜記さん、畑野智美さんの連載は今号で終了。夢枕獏さんは休載です。

【今号の目次】

◆連載小説◆
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
伊吹有喜「ホームスパン」
倉知淳「ドッペルゲンガーの銃 二つの地点で同時に事件を起こす分身した殺人者について」
深緑野分「スタッフロール」
谷瑞恵「まよなかの青空」
小林泰三「代表取締役アイドル」
柴田よしき「高原カフェ日誌2」

◆連載終了◆
三崎亜記「30センチの冒険」
畑野智美「神さまを待っている」

◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」

電子書籍
価格

499(税込)

454円 (+消費税45円)

付与コイン
4(*詳細)

作品情報

シリーズ
別冊文藝春秋(文春e-book)
著者
レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
667
配信開始日
2018/2/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 別冊文藝春秋 電子版45号 (2022年9月号)

編: 文藝春秋

◆一挙掲載◆
・知念実希人「機械仕掛けの太陽」
これは戦争だ――新型コロナウイルスという未知の脅威と対峙した医師や看護師が味わった筆舌に尽くせぬ恐怖と絶望、そして希望。現役医師・知念実希人が描く、真実の物語

◆読みきり◆
・大前粟生「サウナとシャツさん、ふつうの男」                               

◆インタビュー◆
作家の書き出し Vol.20 取材・構成 瀧井朝世
・凪良ゆう

著者に訊く
・安壇美緒『ラブカは静かに弓を持つ』

◆対談◆
・千葉ともこ×新川帆立「私たちはこうして作家になった」                               

◆ロングエッセイ◆
・藤田真央「指先から旅をする」
・南木義隆「百合とリヴァイアサン」
・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.6 フランス中西部の奇妙な地名」

◆連載小説◆
・高野和明「踏切の幽霊」[最終回]
・一穂ミチ「光のとこにいてね」[最終回]
・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」
・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

◆スペシャル◆
・note×WEB別冊文藝春秋 「#ミステリー小説が好き」
ベストレビュアー決定!

◆エッセイ◆
・稲田俊輔「食いしん坊のルーペ」
[第5回]パクチーのマズ味
[第6回]マズ味は文化だ

◆シネマレビュー◆
・波木銅「人生は夜間飛行」
映画は多数派を殺すためにある――『TITANE/チタン』について(※ネタバレあり)

価格

801(税込)

728円 (+消費税73円)

「別冊文藝春秋(文春e-book)」シリーズ作品一覧(全45冊)

200円〜801(税込)

  • 文芸 別冊文藝春秋 電子版45号 (2022年9月号)

    ◆一挙掲載◆
    ・知念実希人「機械仕掛けの太陽」
    これは戦争だ――新型コロナウイルスという未知の脅威と対峙した医師や看護師が味わった筆舌に尽くせぬ恐怖と絶望、そして希望。現役医師・知念実希人が描く、真実の物語

    ◆読みきり◆
    ・大前粟生「サウナとシャツさん、ふつうの男」                               

    ◆インタビュー◆
    作家の書き出し Vol.20 取材・構成 瀧井朝世
    ・凪良ゆう

    著者に訊く
    ・安壇美緒『ラブカは静かに弓を持つ』

    ◆対談◆
    ・千葉ともこ×新川帆立「私たちはこうして作家になった」                               

    ◆ロングエッセイ◆
    ・藤田真央「指先から旅をする」
    ・南木義隆「百合とリヴァイアサン」
    ・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.6 フランス中西部の奇妙な地名」

    ◆連載小説◆
    ・高野和明「踏切の幽霊」[最終回]
    ・一穂ミチ「光のとこにいてね」[最終回]
    ・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
    ・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」
    ・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

    ◆スペシャル◆
    ・note×WEB別冊文藝春秋 「#ミステリー小説が好き」
    ベストレビュアー決定!

    ◆エッセイ◆
    ・稲田俊輔「食いしん坊のルーペ」
    [第5回]パクチーのマズ味
    [第6回]マズ味は文化だ

    ◆シネマレビュー◆
    ・波木銅「人生は夜間飛行」
    映画は多数派を殺すためにある――『TITANE/チタン』について(※ネタバレあり)

    価格

    801(税込)

    728円 (+消費税73円)

  • 文芸 別冊文藝春秋 電子版44号 (2022年7月号)

    ◆NEW◆
    ・小川哲「walk」
    何もかもが始まった、十八歳のあの春――。
    『ゲームの王国』や『嘘と正典』で壮大な物語を紡いできた著者が初めて描く自らの上京・青春物語

    ◆ロングエッセイ◆
    ・藤田真央「指先から旅をする」
    ミラノ・スカラ座デビュー! 突然の指揮者交代を乗り越え、「ポリーニ以来」と評された奇跡の夜

    ・谷津矢車「スピッツの仔」――愛を叫ぶ #02
    歪でラブリーなサウンドがこの胸から離れない。スピッツ愛はいつしか自作の小説にも流れ込み……

    ・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.5 すべての道に名前がある」
    道の名から、街の歴史が見えてくる。各国の住所表記の成り立ちを紐解き、都市の発達の軌跡をたどる

    ◆インタビュー◆
    作家の書き出し Vol.19 取材・構成 瀧井朝世
    ・浅倉秋成
    『六人の嘘つきな大学生』で大ブレイクした著者の新作は“ネット炎上”もの!

    ◆エッセイ◆
    ・稲田俊輔「食いしん坊のルーペ」
    [第3回]厨房の異常者
    [第4回]料理はライブだ!

    ◆ブックレビュー◆
    ・白石直人
    [第1回]ロシアとウクライナの歴史を紐解く
    個別の事象から普遍を探る――気鋭の物理学者が、その琴線に触れた書籍を通して現代社会の「力学」を読み解く

    ◆連載小説◆
    ・高野和明「踏切の幽霊」
    ・河野裕「愛されてんだと自覚しな」
    ・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」
    ・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
    ・矢月秀作「幸福論」[最終回]
    ・一穂ミチ「光のとこにいてね」
    ・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

    ◆短篇◆
    ・安東能明「夜の署長3 万引き犯」

    価格

    499(税込)

    454円 (+消費税45円)

  • 文芸 別冊文藝春秋 電子版43号 (2022年5月号)

    ◆スペシャル◆
    ・藤田真央
    [ロングインタビュー]
    音楽と言葉
    「読書は日常」という藤田さんが語る、音楽と言葉の関係とは?
    楽譜の読み解きから楽曲の解釈法まで、
    クラシック・シーンを更新し続ける若き天才ピアニストに迫る

    [新連載]
    指先から旅をする

    ◆連載スタート◆
    ・高野和明「踏切の幽霊」
    東京・下北沢の踏切で何か奇妙な出来事が起きている──
    記者・松田が抱いた直感は、否応なく彼を事件へと引きずり込む。
    『ジェノサイド』の鬼才が放つ、渾身の長篇連載開始

    ・河野裕「愛されてんだと自覚しな」
    千年前の運命の恋人と再び出会うため、輪廻転生を繰り返す杏。
    しかし、すっかり恋人探しに興味を失い、平穏な日常を満喫中。
    現状肯定型ヒロインの恋の行方はいかに!?

    ◆短篇◆
    ・生湯葉シホ「わたしです、聞こえています」

    ・安東能明「夜の署長3 ホスト狩り」

    ◆ルポルタージュ◆
    ・波木銅「人生は夜間飛行」第1回 精神のゲーム、ボウリング

    ◆エッセイ◆
    ・稲田俊輔「食いしん坊のルーペ」
    [第1回]背徳のアレンテージョ
    [第2回]食いしん坊のルーペは世界を覗く

    ◆ロングエッセイ◆
    ・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.4 フランスの車窓から」

    ◆インタビュー◆
    作家の書き出し Vol.18 取材・構成 瀧井朝世
    ・大前粟生

    ◆連載小説◆
    ・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」

    ・綾崎隼「ぼくらに?がひとつだけ」[最終回]

    ・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」

    ・矢月秀作「幸福論」

    ・一穂ミチ「光のとこにいてね」

    ・今村翔吾「海を破る者」

    価格

    499(税込)

    454円 (+消費税45円)

  • 文芸 別冊文藝春秋 電子版42号 (2022年3月号)

    ◆連載スタート◆
    ・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」
    幼馴染が、オンラインゲームにログインしたまま行方不明に。
    よりによってそこは、犯罪の温床たるアナーキーワールド。
    友人を助け出すための、少女たちのひと夏の冒険が始まった!

    [はじまりのことば]

    ◆巻頭対談◆
    ・島本理生×村田沙耶香「『普通』に抗う」
    「読むと解放される」「自分の傷が癒される」
    そんなふうに互いの作品を評し合うおふたりの、本音溢れる初対談

    ◆ロングエッセイ◆
    ・浅倉秋成「私が“千葉ロッテマリーンズ”です」――愛を叫ぶ #01

    ・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.3 川縁の風景」
    セーヌ、アヴィニョン橋、アルルの跳ね橋。
    フランスの原風景を辿り、川とともに生きる人々の息遣いに耳を澄ます

    ◆インタビュー◆
    作家の書き出し Vol.17 取材・構成 瀧井朝世
    ・吉田修一
    吉田修一が描く、長崎・原爆の記憶――。
    昭和のスター女優と青年の交流が、私たちをやさしく包み込む

    著者に訊く
    ・川本直『ジュリアン・バトラーの真実の生涯』

    ◆連載小説◆
    ・綾崎隼「ぼくらに嘘がひとつだけ」
    奨励会で出会ったライバル。
    彼が気づいた、ぼくたちの出生の秘密とは

    ・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
    落ちこぼれチームに救世主が!? 新作戦の結果はいかに

    ・矢月秀作「幸福論」
    異常犯罪者・萩谷信が遺した絵に隠された悲しき真実

    ・一穂ミチ「光のとこにいてね」
    果遠に何があったのか。話を訊いて回る結珠だが……

    ・今村翔吾「海を破る者」
    六郎の処遇を執権に陳情するため、一遍は鎌倉へ向かった

    価格

    499(税込)

    454円 (+消費税45円)

  • 文芸 別冊文藝春秋 電子版41号 (2022年1月号)

    ◆連載スタート◆
    ・綾崎隼「ぼくらに嘘がひとつだけ」
    エリート棋士の父を持つ京介と、落ちこぼれ女流棋士の息子・千明。
    期待を背負い、プロ棋士を目指す彼らは出生時に取り違えられていたのか? 
    運命と闘う勝負師達の物語

    [はじまりのことば]
    才能を決めるのは、遺伝子か、環境か? 
    将棋の世界で生きる人間の目を通して、どうしても描きたかったもの

    ◆ロングエッセイ◆
    ・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.2 自炊者の告白」
    饂飩、糠漬け、豆腐に干物……。
    和食を渇望したならば、自らの手で! 
    フランス在住15年、異国での試行錯誤の日々

    ◆最終回◆
    ・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」 
    大会当日。世界の視聴者を前に、マモルは何を語るのか

    ◆インタビュー◆
    作家の書き出し Vol.16 取材・構成 瀧井朝世
    ・彩瀬まる
    「新しい星で、サバイブしているみたいな私たち。だからこそ、支え合って生きていける」

    著者に訊く
    ・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』

    ◆エッセイ◆
    [Iの告白]
    君嶋彼方「自尊心を筆にのせて」

    ◆連載小説◆
    ・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
    ゲームで勝てば息子は助かる? 
    いざチーム・リン出陣!

    ・矢月秀作「幸福論」
    小学校時代の唯一の親友が語る、異常犯罪者・萩谷信の姿

    ・一穂ミチ「光のとこにいてね」
    海辺の町で、結珠は瀬々という女の子と出会った

    ・今村翔吾「海を破る者」
    決戦を前にして、伯父・通時は河野家内訌の真実を明かす

    価格

    200(税込)

    182円 (+消費税18円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

4コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「別冊文藝春秋 電子版18号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報