セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

片山広子 エッセイ集 三

片山広子 エッセイ集 三-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

片山広子
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
片山広子 エッセイ集
出版社名
オリオンブックス
配信開始日
2016年10月21日
ページ概数
55 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

歌人・翻訳家・エッセイスト。その清楚な外見から芥川龍之介からクチナシ夫人と称される。堀辰雄「奈穂子」の三村夫人のモデル。エッセイストクラブ賞受賞。細やかな感性で捉えた日常を瑞々しい文章で描写。その内容は示唆に富んでいる。「三本の棗」「掏摸と泥棒たち」「その他もろもろ」「鷹の井戸」「たんざくの客」「ダンセニーの脚本及短篇」「小さい芸術」「地山謙」「トイレット」「灯火節」「「灯火節」あとがき」エッセイ十一本を収録。※読みやすくするため現代の言葉に近づけていますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

片山広子 エッセイ集 ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 一

100円(+税)

片山広子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 二

100円(+税)

片山広子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 三

100円(+税)

片山広子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 四

100円(+税)

片山広子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 五

100円(+税)

片山広子

――

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
カッパのクー ― アイルランド伝説...

300円(+税)

オケリー他/片山広子

ITmedia 名作文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 合本版

500円(+税)

片山広子/鈴汰

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリ...

300円(+税) (03/02まで)

河野裕

角川文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

50円(+税) (03/02まで)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
君の膵臓をたべたい

784円(+税) (02/28まで)

住野よる

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天地明察(特別合本版)

500円(+税) (03/02まで)

冲方丁

角川文庫

NEW!

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
空飛ぶ広報室

439円(+税) (02/23まで)

有川浩

幻冬舎文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暁の王女 名を持たぬ聖女と紫の王

570円(+税)

白洲梓/池上紗京

集英社コバルト文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
片山広子 エッセイ集 三

100円(+税)

片山広子

――

価格
100円 (+税)
108円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:1コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです