セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

居飛車穴熊の教科書

居飛車穴熊の教科書-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

高橋道雄
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
マイナビ出版
配信開始日
2015年04月27日
ページ概数
229 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。現代将棋最強の陣、イビアナのすべて。ほぼ全ての振り飛車戦法に対して、現在最も有力で、勝ちやすい作戦と言われる居飛車穴熊。本書は、堅い将棋を得意とする高橋道雄九段が、居飛車穴熊の組み方、攻め方、受け方を分かりやすく解説した一冊です。『基本の▲6六銀型』『振り飛車の早い動きに対応する▲6六歩型』『ゴキゲン中飛車対策としての穴熊』以上、3種類の穴熊について解説しており、基本的な穴熊の指し方については、十分マスターできるようになっています。なんとなく穴熊に囲ってはみたものの、そこからどう指していいか分からない、という方は多いのではないでしょうか。本書はまさにそういった悩みをお持ちの方にこそ読んでいただきたい一冊。「なるほど、そう指すのか」と勉強になる手順がたくさん見つかるはずです。あらためて居飛車穴熊の優秀性が分かり、指したくなる一冊。高橋道雄九段お勧めのイビアナでぜひ振り飛車を打ち破ってください。■CONTENTS第1章:四間飛車VS▲6六銀型居飛車穴熊/第2章:四間飛車VS▲6六歩型居飛車穴熊/第3章:ゴキゲン中飛車VS居飛車穴熊/第4章:穴熊の崩し方、勝ち方

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1104 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
男が知りたい女のからだ なかなか聞...

860円(+税)

河野美香

ブルーバックス

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月12日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
CLASSY.(クラッシィ) 20...

556円(+税)

CLASSY.編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
居飛車穴熊の教科書

1232円(+税)

高橋道雄

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1232円 (+税)
1331円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら369コイン(※)
12 + 357コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
932 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです