セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

服従

服従-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

ミシェル・ウエルベック
訳者
大塚桃
著者
佐藤優
ジャンル
文芸
レーベル
――
出版社名
河出書房新社
配信開始日
2015年10月09日
ページ概数
269 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

2022年仏大統領選。投票所テロや報道管制の中、極右国民戦線のマリーヌ・ルペンを破り、穏健イスラーム政権が誕生する。シャルリー・エブド事件当日に発売された新たなる予言の書。読み終わって、呆然としながら、自分にこう言い聞かせなければならなかった。「これは小説であって現実ではないんだ」と。「こんなことは起こらない‥‥たぶん‥いや、もしかしたら」──高橋源一郎(作家)シニカルな状況認識、政治的な無力感、そして人間の滑稽さに対する冷め切った視線。ウエルベックはヨーロッパの未来も若者の力もなにも信じていない。けれど、その残酷さこそが文学の力なのだ。日本にはこんな作家はいない。読むべし!──東 浩紀(批評家)「彼も新政府内閣総理大臣なんじゃないか?」ウエルベックは僕が今、そう感じちゃう唯一の生きる作家だ。愉快な転覆を──坂口恭平(新政府内閣総理大臣)官学という宮廷に仕える道化師は、露悪的にひれ伏しつつ、顔を背けて窮状をアピールする。果たして、我々に咎め立てができるだろうか?ウエルベックは、 “宗教”を越えた先、闘うべき対象の影を朧げに炙り出した。──上田岳弘(作家)近未来のフランスが舞台のはずが、読み終えると現代日本の話に思えてくる。いま、首相も国会も民主主義も信用できない人、必読。──市川真人(批評家)『服従』を読むと、人間の自己同一性を保つにあたって、知識や教養がいかに脆いものであるかということがわかる。それに対して、イスラームが想定する超越神は強いのである。──佐藤優(作家・元外務相主任分析官)、本書「解説」より

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ある島の可能性

1400円(+税)

ミシェル・ウエルベック/中村佳子

河出文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
プラットフォーム

1200円(+税)

ミシェル・ウエルベック/中村佳子

河出文庫

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サバイバル宗教論

787円(+税)

佐藤優

文春新書

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
交渉術

704円(+税)

佐藤優

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
外務省ハレンチ物語

600円(+税)

佐藤優

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
国家の崩壊

740円(+税)

佐藤優/宮崎学

角川文庫

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
お金に強くなる生き方

670円(+税)

佐藤優

青春新書インテリジェンス

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
喧嘩の勝ち方~喧嘩に負けないための...

日本国内のみ販売

佐高信/佐藤優

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
服従

1920円(+税)

ミシェル・ウエルベック/大塚桃/佐藤優

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1920円 (+税)
2074円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら575コイン(※)
19 + 556コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1620 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです