ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

天文ガイド2019年5月号

あらすじ・内容

毎月の天文現象を最新データで紹介

第1特集は「はやぶさ2」。
「はやぶさ2」は小惑星リュウグウへのタッチダウンを成功させ、4月5日に人工クレーター生成実験を行ないます。
特集では、想定外の難度を乗り越えて成功させたタッチダウン、リュウグウに見つかった含水鉱物の存在、そしてインパクターをリュウグウに衝突させる人工クレーター生成実験までを詳しく紹介します。
上坂浩光監督制作の表紙も注目です。

第2特集はキヤノンEOS RミラーレスシステムのRFレンズを紹介。
フィールドで実写した作例を掲載、天体写真撮影での実力をレビューします。

その他、桜と満月をとらえた写真をギャラリーページで、藤井旭さんによるルポ記事、CP+2019レポートなどを紹介します。

【表紙】
人工クレーターにタッチダウン直前の「はやぶさ2」/制作:上坂浩光

【特集】
インパクター生成実験から人工クレーターに着陸へ
「はやぶさ2」新たなる挑戦へ/荒舩良孝

キヤノンミラーレスシテムRFレンズ実写レビュー/西條善弘

GALLERY 遠望する桜月/榎本 司

【TOPICS】
「惑星写真撮影講座」参加者募集
藤井 旭が見に行く「お殿様たちの星日記」/藤井 旭
CP+2019レポート/井川俊彦
星明かり月明かり/牛山俊男
南米皆既日食ツアーのお知らせ

【THE SKY】
5月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春,塚田 健,内藤誠一郎
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
星雲・星団撮影入門/中西昭雄
T.G.Factory/西條善弘
宇宙からの視点/池内 了
読者Space!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
天文部NOW/黒田有彩
宇宙を創る法則/松原隆彦
宇宙に耳をすます/阪本成一
今日からロケッティア!/足立昌孝
宇宙天気/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭、安達 誠
彗星ガイド/中野主一

電子書籍
価格

856(税込)

778円 (+消費税78円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

シリーズ
天文ガイド
著者
レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
カテゴリ
実用
ページ概数
164
配信開始日
2019/4/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 天文ガイド2022年7月号

著者: 天文ガイド編集部

【特集】
〇いて座A*の観測からとらえた
天の川銀河中心のブラックホール/塚田 健
2022年5月12日、EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)による天の川銀河中心のいて座A*の観測データ画像が発表されました。画像は天の川銀河中心の巨大ブラックホールの存在を示し、観測された光のリングの大きさはアインシュタインの一般相対性理論の予言とよく一致していました。2019年に同じくEHTから発表されたM87銀河中心のブラックホールの画像と比べながら、今回の発表の詳細、その成果と意義について紹介します。

〇手軽なシステムで迫力の天体像を観る
自宅ではじめる電視観望 VOL.2/Sam
6月号に続いて「自宅で始める電視観望」の第2回。最近注目されている新たな観望スタイルである「電視観望」は、市街地の明るい空からでも星雲などの天体を色味のある姿で観察でき、手軽な機材で始められるため、人気が高まっています。第2回は電視観望で使用するソフトウェアを紹介。機材のセットアップから天体映像の表示と調整方法までを紹介します。

〇~星明かり月明かり日記~
6惑星に出会う一夜/牛山俊男
今春は明け方の空で複数の惑星が集合する様子が見られます。5月初旬、本誌「星明かり月明かり」を連載する写真家・牛山俊男氏が、夕空に輝く水星と5惑星(金星・火星・木星・土星・海王星)との出会いを求め、長野県霧ヶ峰に撮影に訪れた一夜の様子を紹介します。

〇星空VRをはじめよう
キヤノンVR専用レンズによる180°VR動画/須永 閑
キヤノンから発売されたVR撮影用レンズ「キヤノンRF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」は横に並んだ2つの魚眼レンズを備えた180°VR撮影専用レンズです.複数台のカメラを用いて撮ることの多いVR映像ですが、このレンズであれば1台で撮影可能。さっそく注目のレンズで星空VR映像の撮影を行いました。撮影から映像出力までを紹介します(完成映像は天文ガイドYouTubeチャンネルで視聴可能です)

価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

「天文ガイド」シリーズ作品一覧(全73冊)

815円〜1,100(税込)

  • 実用 天文ガイド2016年9月号

    今年もっとも見応えのある天文現象として期待されているペルセウス座流星群を特集。今年の流星群は8月12日(金)夜から8月13日(土)朝にかけて出現のピーク。流星群を「どこで」「どうやって」見ればよいのか、流星群の基本的な知識、流星群の撮影方法までを紹介。流星群ビギナーの人に最適な内容です。

    価格

    815(税込)

    741円 (+消費税74円)

  • 実用 天文ガイド2016年8月号

    いよいよ今年の惑星観測の好期を迎えます。
    今月の特集は、惑星観望とあわせて撮影も楽しみたい、という人のために、デジタル一眼カメラを使って手軽に惑星を撮影する方法を紹介します。
    第2特集は2017年8月にアメリカを横断する皆既日食の観測情報。

    価格

    815(税込)

    741円 (+消費税74円)

  • 実用 天文ガイド2016年7月号

    地球に最接近した火星、6月4日に衝を迎えた土星、観測シーズンの木星。見ごろの惑星を特集。惑星観測に重要なシーイングについてや、良好なシーイング下でとらえた惑星画像を紹介。第2特集は5月7日に極大を迎えたみずがめ座η流星群。観測条件のよい南半球で、最新デジタル一眼カメラでとらえた模様を紹介(流星群の動画が視聴可能)。

    価格

    815(税込)

    741円 (+消費税74円)

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「天文ガイド2019年5月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報