セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

オトク!!

電子書籍(デジタルコンテンツ)

生頼範義イラストレーション 〈幻魔世界〉

生頼範義イラストレーション 〈幻魔世界〉-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

生頼範義
ジャンル
画集
日本文学
レーベル
角川書店単行本
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年01月29日
ページ概数
571 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

紙版画集に1983年以降に発表された作品を多数加えた決定版。すべて原画から取り直した美しいデータを使用した、ファン垂涎の電子書籍版画集!

【第36回日本SF大賞功績賞受賞】

カラー作品118点、モノクロ作品245点、合計363点もの作品が収録された決定版画集。

すべて、あらたに原画から取り直した高画質データを使用。

細かなタッチまで拡大して堪能できる電子書籍ならではの楽しみ方。

2015年、日本は偉大な画家をうしなった。生頼範義――。生涯にわたり独自の表現を探求し、世界中を魅了したその作品の数々が、今、初めて電子書籍版画集となって登場。

1983年に刊行された徳間書店版『生頼範義イラストレーション2 幻魔世界』を基に、そこには未収録の、1983年以降に発表されたオールカラー作品を30点以上追加。「真幻魔大戦」シリーズ8巻以降の文庫版カバー、ムック収録のポスター、単行本・全集用のカバーなどが新たに加わった、ファン垂涎のラインナップ。

自らも画家で長男のオーライタロー氏による、父であり比類なき画家であった男の後ろ姿を綴った書き下ろし「電子版あとがき」つき。壮大なスケールとともに、細部に宿る新たな発見を楽しむ電子書籍ならではの奇跡の画集が、ここに誕生!

※生頼範義の「頼」は正しくは旧字体となります。「頁」は刀に貝の表記です。

(C)Noriyoshi Ohrai 1983

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狼は泣かず

500円(+税)

平井和正/生頼範義

NON NOVEL

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狼のバラード

500円(+税)

平井和正/生頼範義

NON NOVEL

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
第二次幻魔大戦 ハルマゲドン

1350円(+税)

平井和正/生頼範義

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
真幻魔大戦2 超能力戦略

500円(+税)

平井和正/生頼範義

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
魔境の狼男

500円(+税)

平井和正/生頼範義

NON NOVEL

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狼の肖像 平井和正論

500円(+税)

中島梓/生頼範義

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幻魔大戦 全20冊合本版

4600円(+税) (03/02まで)

平井和正/生頼範義

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狼男だよ

500円(+税)

平井和正/生頼範義

NON NOVEL

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

オトク!!

削除

画集

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
生頼範義イラストレーション 〈幻魔...

1350円(+税) (02/23まで)

生頼範義

角川書店単行本

価格
1350円 (+税)
1458円 (税込) (※)
(02/23 23:59までの価格です)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:13コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1050 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです