ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

Journalism2022年9月号

あらすじ・内容

2022年9月号の内容(目次)
巻頭の言葉
「国葬」

特 集 報道とジェンダー

interview
「男性主導」で見過ごしていた課題
女性やLGBTQの視点でとらえ直す
……エミリー・ラムショー(聞き手・城 俊雄)

取材先との関係性 性被害の背景に
表現、職場環境 足元から見直しを
吉永磨美(新聞労連前委員長)

男性中心組織から脱却を
横につながりエンパワメント
森 映子(時事通信編集委員)

「共同親権」めぐる報道が映す
当事者の“非対称”への無自覚
太田啓子(弁護士)

犯罪報道とジェンダーの視点
ネット時代に手掛かりあるか
四方由美(宮崎公立大教授)

つらさ比べや対立を超えて
「ためらいながら語る」意味
高橋健次郎(朝日新聞記者)

*********************

〈国葬を考える〉
かつて国民統合、抑圧の装置
「国葬」が映す民主主義の今
宮間純一(中央大教授)

〈「安倍後」政権の行方〉
岸田首相は何色に染まるか
軸失った自民、視界不良に
小村田義之(朝日新聞記者)

〈フィリピンの行方〉
ソーシャルメディア大国の大統領選
飛び交うフェイクニュースとの闘い
木村 文(ジャーナリスト)

〈メディアの未来 激減する米ローカル紙〉
市民の手で守るジャーナリズム
民主主義の変調に危機感も
沢村 亙(朝日新聞論説委員)

《ネット考現学》
中絶の権利認めぬ判決の余波
広がるデジタル監視のリスク
小林啓倫(経営コンサルタント)

《海外メディア報告》
民主・共和それぞれのお家事情
大統領選に向けて深まる混迷
冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

《大学生のためのマダニャイ記者入門》
報道写真の力

《就活のツボ》
「上手な面接」は落ちた
面接はお互い見極める場
木之本敬介

《スラスラES教室》
工夫し恥ずかしさ脱却
真下 聡

<写真> 今月の1点

電子書籍 コイン
価格

780(税込)

709円 (+消費税71円)

付与コイン

12/7 (水) 09:59まで

354(*詳細)

作品情報

シリーズ
Journalism(朝日新聞出版)
著者
レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
カテゴリ
実用
ページ概数
231
配信開始日
2022/9/9
底本発行日
2022/9/9
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 Journalism2022年11月号

著者: 朝日新聞社ジャーナリスト学校

2022年11月号の内容(目次)
巻頭の言葉
「暗い山で」
  
特 集I 左翼はどこへ
変革には「悔い改め」必要
自分史から無神論たどる
佐藤 優(作家)

『全共闘白書』30年の軌跡~
怒れる老人たちの「今や最後の闘い」
前田和男(ノンフィクション作家)

血に染まった「左翼のバトン」
躓きの歴史刻み、つなげるか
代島治彦(映画監督)

左派が失った大きな「物語」
救い求める人々の向かう先
仲正昌樹(金沢大学教授)

豊かさと引き換えの不公正
私たちがシステム・チェンジを
岩本菜々(NPO法人POSSE学生メンバー)

元連合赤軍とZ世代の大学生
平行線の議論が交わった瞬間
清水大輔(朝日新聞記者)

特 集II 国葬をどう伝えたか
安倍氏の評価に温度差顕著
党・内閣の合同葬でよかった
プチ鹿島(時事芸人)

「生中継」の意味を見失ったテレビ
矛盾を検証できなかった構造
奥村信幸(武蔵大学教授)

特 集III 水平社宣言100年 被差別部落報道を考える
臼井敏男(元朝日新聞論説委員)

〈西島藤彦・部落解放同盟委員長に聞く〉
メディアが事実をとらまえて報道すれば
部落に対する社会の見方も変わる

部落とはなにか、部落差別とはなにか
記者は、なぜ書くのか

部落問題をどう報じてきたのか
この100年の朝日新聞は―

*********************

《ネット考現学》
「ニュース回避」と向き合う
コンテンツ変える試み提案
三日月儀雄(日本テレビ報道局専門副部長)

《海外メディア報告》
総選挙近づくカンボジア
ネット監視強化の懸念広がる
木村 文 (ジャーナリスト)

《大学生のためのマダニャイ記者入門》
校閲の極意

《就活のツボ》
NTT「勤務地は自宅」
テレワークで広がる選択肢
木之本敬介

《スラスラES教室》休載

<写真> 今月の1点

価格

780(税込)

709円 (+消費税71円)

「Journalism(朝日新聞出版)」シリーズ作品一覧(全60冊)

660円〜780(税込)

  • 実用 Journalism 2017年12月号

    [特集]「アベノミクスの実相と安倍政権」

    【経済学者座談会】
    財政破綻は避けられるのか
    増税と再分配をめぐって
     小黒一正(法政大学経済学部教授)
     小野善康(大阪大学社会経済研究所特任教授)
     田中秀明(明治大学公共政策大学院教授)
     原 真人(朝日新聞編集委員、司会)

    ポエム化する政権の労働政策
    「定額使い放題プラン」が目的か
     常見陽平(千葉商科大学国際教養学部専任講師)

    高等教育の漸進的無償化を
    大人の学びと雇用のために
     矢野真和(東京工業大学名誉教授)

    東京一極集中からローカル重視の社会へ
    山陽新聞の連載「Lの時代へ」の狙い
     岡山一郎(山陽新聞社編集委員室長、論説委員兼務)

    〈インタビュー〉
    全人口の1割しか働けない汎用AI社会
    ベーシックインカムで社会の最低保障を
     井上智洋(駒澤大学経済学部准教授)

    歪められた日本政治の論争軸
    次の選挙で投票と連動させるには
     押村 高(青山学院大学副学長)

    改憲肯定派5分の4の時代
    自己目的化した議論の排除を
     国分高史(朝日新聞編集委員)

    何も変わらなかった選挙で進んだ
    リベラルが問われる政治への転換
     吉田 徹(北海道大学教授)


    *********************


    【加計学園問題を追った10カ月】
    浮かび上がった政権の「ひずみ」
    「疑問」を出発点に今後も追及
     水澤健一(朝日新聞大阪社会部記者)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(1)
    ▼記者が〈ルール〉を破るとき
    規格化された〈ルール〉に潜む落とし穴
    最後に必要なのは自律した記者の良心
     畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(6)
    若者の将来不安と国家の未来
    ――思考停止と開き直りの先へ
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     各紙が総選挙の「議題設定」に失敗
     小池劇場の焼け跡に現れた改憲シフト
      藤森 研(専修大学文学部教授)

    放送
     注目集めたアジア関連ニュース
     情報を仕分けし冷静な報道を
      堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

    出版
     雑誌販売額は前年比1割減の見込み
     低迷打破のため商慣習や制度の変革を
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     ブロックチェーン技術は
     新たなジャーナリズムを生むか
      小林啓倫(アクセンチュア株式会社金融サービス本部マネジャー)

    ■海外メディア報告
     市民をジャーナリストに育てる
     パレスチナ難民キャンプの試み
      川上泰徳(中東ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     大戦直前の1939年
     万博や視察で米欧歴訪
      写真=山端祥玉、文=白山眞理

     朝日新聞全国世論調査詳報
      ◎2017年9月解散表明緊急RDD調査
      ◎2017年10月衆院選前RDD調査
      ◎2017年10月衆院選中盤RDD調査
      ◎2017年10月衆院選直後RDD調査

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年1月号

    [特集]「2018年の視点」

    立憲結党でみえた理念追求の機運
    政策体系構築につなげ野党再建を
     山口二郎(法政大学法学部教授)

    「戦後レジームからの脱却」は駄法螺
    自称保守と花畑左翼の知的劣化
     適菜 収(作家、作詞家)

    貧困は誰もが陥る可能性
    「流行りもの」超え、構造解決を
     雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク世話人)

    近代システムの終焉を迎える前に
    日本は米国の要求を受容し続けるのか
     水野和夫(法政大学法学部教授)

    憲法改正で護憲派がとるべき政治戦略
    カネかかる改憲、生活リアルで訴えろ
     五野井郁夫(高千穂大学経営学部教授 政治学)

    〈インタビュー〉
    「中抜き政治の時代」を正面から受け止めよ
    ポピュリズム現象にみる情報革命の衝撃
     水島治郎(千葉大学法政経学部教授)

    対話で「核放棄」は現実に通用せず
    「核持つ北朝鮮」を前提に戦略議論を
     牧野愛博(朝日新聞ソウル支局長)

    イスラームに怯える欧州の反統合
    裏切りの連鎖で崩壊する中東
     内藤正典(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)

    「保守リベラル」は再生可能か
    カギは地域での課題解決にあり
     宮本太郎(中央大学法学部教授)


    [第2特集]「衆院選はどう報道されたか」
    【総論】
    選挙報道の「質的公平」は満たされたか
    「解散検討」の報道から37日間を検証
     音 好宏(上智大学文学部新聞学科教授)

    【テレビ編】
    逆風の中でも小池氏が関心の的
    情報番組が「劇場化」を後押し
     水島宏明(ジャーナリスト、上智大学文学部新聞学科教授)

    【新聞編】
    「改憲」「北朝鮮」重視は各紙で共通
    投票行動には核ミサイル問題が影響
     小此木 潔(上智大学文学部新聞学科教授)

    【ファクトチェック編】
    政治家の「嘘」とメディアを検証
    FIJの活動から見えたもの
     楊井人文(ファクトチェック・イニシアティブ理事兼事務局長、日本報道検証機構代表理事)

    与野党へのファクトチェックで
    政策立案能力の差が見えた
     立岩陽一郎(ファクトチェック・イニシアティブ理事、「ニュースのタネ」編集長)


    *********************


    【白虹事件から100年】
    いまも変わらない言論弾圧事件
    自由を圧迫する「社会的なるもの」
     辻田真佐憲(作家、近現代史研究者)

    【日韓中テレビ制作者フォーラム報告】
    テレビ番組と文化の交流・協力の現状
    「共通性」の認識にはそれぞれの視点
     黄 盛彬(立教大学社会学部教授)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(2)
    ▼記者が泣くとき怒るとき
    冷静で偏見のない取材は必要だが
    涙や怒りの感情を押し殺す危険性
     畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(7)
    ポスト・イデオロギーは可能か
    ―2018年政治への期待
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     保育園、小学校、相次ぐ落下物
     地位協定の抜本改定へ喚起を
      松元 剛(琉球新報読者事業局次長)

    放送
     衆院選のファクトチェック
     感度が低い地上波テレビ
      水島宏明(ジャーナリスト、上智大学文学部新聞学科教授)

    出版
     海外向け版権取引の商談会開催
     中小の出版社も翻訳市場に注目
      星野 渉(文化通信社取締役編集長、東洋大学非常勤講師)

    ネット
     クラウドファンディングから見える
     未来の「メディア」の本流
      高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

    ■海外メディア報告
     極右政党が初の連邦議会入り
     分水嶺はどう報じられたか
      熊谷 徹(在独ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     脳腫瘍と生きる
     今できることを積み重ねる日々―
      写真と文=関 健作

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2017年11月定例RDD調査

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年2月号

    [特集]「ジャーナリストという選択」

    〈メディアを目指す若者のための座談会〉
    人が気づかないことを伝えられる
    ネット時代は「見せ方」にも工夫を
     石戸 諭(BuzzFeed Japan記者)、神原一光(NHK放送総局 大型企画開発センター ディレクター)、野上英文(朝日新聞国際報道部記者)、與那覇里子(首都大学東京大学院1年、沖縄タイムス記者)、藤代裕之(ジャーナリスト、法政大学准教授=司会)

    〈保存版〉
    全国主要メディア 就職関連アンケート一覧

    写真は直接命を救えない、でも伝えられる
    出来ないことの自覚が人への敬意を生む
     安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

    「女子の壁」を突き破ろうと
    いつの間にやらネットの記者へ
     猪谷千香(弁護士ドットコムニュース記者)

    現場に立ち、ともに悩み、伝える
    私たちの社会を諦めないために
     板垣淑子(NHK名古屋放送局 報道番組チーフ・プロデューサー)

    ヤフーの技術者から地域紙記者へ
    スマホが知らない情報を伝える
     石森洋史(石巻日日新聞記者)

    社会の歪みと対峙するために
    自分の背骨を太く鍛える
     角幡唯介(ノンフィクション作家、探検家)

    記者17年目の「ルポ トランプ王国」
    「数%の時間」積み重ねた私の手法
     金成隆一(朝日新聞ニューヨーク支局員)

    *********************

    【早稲田大学ジャーナリズム大学院10年】
    「個」として強いジャーナリストを育成
    メディア激変期に質向上の「実験の場」に
     瀬川至朗(早稲田大学ジャーナリズム大学院プログラムマネージャー)

    【原寿雄・元共同通信編集主幹を偲ぶ】
    訴え続けた「自由であること」の意義
    「塾長」が説いたジャーナリズム論
     石川 旺(上智大学名誉教授)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(3)
    ▼記者が立場を自覚するとき
     取材者のアイデンティティとポジショナリティ
     高学歴エリート化が引き起こす取材先との断絶
      畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(8)
    時代は告げずに過ぎ去っていく
     ――MeToo運動に思う
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     中日が載せた自社の飲酒運転記事
     信頼低めた他社やネットでの報道
      猪股征一(信濃毎日新聞監査役)

    放送
     沖縄戦と「終わらない戦後」
     映像祭とシンポジウムで問う
      市村元(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授)

    出版
     10年ぶりに新版が出た『広辞苑』
     販売拡大の鍵を握る街の本屋さん
      福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

    ネット
     会話型ニュースメディアが実現?
    AIスピーカーの印象と未来
      藤村厚夫(スマートニュース株式会社執行役員メディア事業開発担当/シニア・ヴァイス・プレジデント)

    ■海外メディア報告
     国民の7割が「ポル・ポト」後
     記憶の橋渡しに世代の厚い壁
      木村 文(ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     奪われた日常
     ロヒンギャ難民の今
      写真と文=杉本康弘

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2017年12月定例RDD調査

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年3月号

    [特集]「原発の未来を追う」

    〈巻頭グラビア〉
    フクシマ 無窮II
     ──7年が過ぎて
     写真と文=渡辺幹夫(写真家、前朝日新聞ジャーナリスト学校ディレクター)

    震災から7年、淘汰される原発
    膨らむリスク、失われる「価値」
     上田俊英(朝日新聞編集委員)

    3・11後に高まった原発への関心
    「科学技術の現実」見据えているか
     武田 徹(ジャーナリスト、専修大学教授)

    神話だった「原発が地域経済に貢献」
    新潟日報が調査報道で再稼働を検証
     前田有樹(新潟日報社報道部記者)

    ドイツは脱原発を粛々と進め
    非炭素化社会の実現へ向かう
     熊谷 徹(在ドイツ・ジャーナリスト)

    チェルノブイリ、福島、そして今
    原子力記者がたどる原発の変容
     竹内敬二(エネルギー戦略研究所シニアフェロー)

    フクシマの事故には機敏に対応
    削減か存続かで揺れる原発大国
     山口昌子(在フランス・ジャーナリスト)

    廃炉計画の延長をなし崩しで重ねる政府と東電
    「1Fの今」に関心を持ち続けてもらうために
     川原千夏子(朝日新聞科学医療部記者)

    【パラダイス文書~現場からの報告】
    浮かび上がる構造的問題の数々
    世界の記者たちの動きも報道
     朝日新聞ICIJ取材班

    【社会の中の「命令と服従」】
    人はなぜ、戦場では殺せるのか
    改憲へ動くいまこそ、考える時
     松下秀雄(朝日新聞編集委員、ジャーナリスト学校主任研究員)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(9)
    プラットフォーム間競争の時代
    ──国家が果たす役割とは
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(4)
    ▼ジャーナリズムとアカデミズム
     敬遠し合う「仲の悪い双子」の関係
     求められる記者と研究者の協働作業
      畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    ■メディア・リポート
    新聞
     福島第1原発のトリチウム水
     海洋放出の是非 議論広げよ
      寺島英弥(ジャーナリスト、河北新報社論説委員)

    放送
     憲法改正とテレビについて
     私が知っている二、三の事柄
      金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター、早稲田大学大学院客員教授)

    出版
     コミックスでは電子が紙を逆転か
     昨年の紙の出版市場は最大の落ち込み
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     根付くか、AIによるファクトチェック
     イタチごっこに終わる可能性も
      小林啓倫(アクセンチュア金融サービス本部マネジャー)

    ■海外メディア報告
     政局動かし始めた「#MeToo」運動
     社会に広がるバックラッシュ
      冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2018年1月定例RDD調査

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年4月号

    [特集]「平成」という風景

    戦争に対する反省と人々との近さ
    メディアと作り上げた平成流天皇
     河西秀哉(神戸女学院大学准教授)

    平成期のインターネット
    市民ジャーナリズムの夢と失墜
     濱野智史(批評家)

    テレビメディアの平成とは
    フジテレビの栄光と衰退
     吉野嘉高(筑紫女学園大学教授)

    「性」が彩った90年代という時代
    通信の発達が女性たちを変えた
     森 健(ジャーナリスト)

    「長い平和」の先に待つものは?
    江戸の歴史から平成が見える
     徳川家広(政治・経済評論家、徳川記念財団理事)

    残存し続ける「私刑」体質
    日本社会はオウムの総括に失敗
     大田俊寛(宗教学者、埼玉大学非常勤講師)

    「8050問題」という危機
    家族の「標準」崩れた平成
     清川卓史(朝日新聞編集委員)

    誰でも発信、双方向性、ツイッターは銃
    平成を漂流してきた僕の「メディア論」
     亀松太郎(ジャーナリスト)

    *********************

    〈対談〉政治とことばとマーケティング
    潜在する欲望を喚起、イメージを惹起
    「ことば」分析から浮かぶ政治の実態
     松井 剛(一橋大学教授)
     西田亮介(東京工業大学准教授)

    【アスベスト訴訟とドキュメンタリー考】
    8年間追った生活者の闘争
    「ヒーロー」不在の苦悩と挑戦
     原 一男(映画監督)

    【9条と「自衛戦争」「戦力」をどう問うか】
    安倍改正案では本質議論できず
    市民団体が模擬投票でアピール
     石川智也(朝日新聞特別報道部記者)

    〈連載〉記者講座
    新聞の文章を考える(上)コラム体験から
     言葉をしなやかに使い読み手に伝える
     記事に浸透力を持たせる表現の工夫を
      福島申二(朝日新聞編集委員)

    ■メディア・リポート
    新聞
     韓国で見た、ジャーナリスト教育
     実践的な授業内容、学生に目的意識
      藤森 研(専修大学文学部教授)

    放送
     平昌パラリンピック報道の現実
     東京2020でさらに発信を
      堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

    出版
     中国で急拡大する絵本市場
     日本の現地法人が営業力で開拓
      星野 渉(文化通信社常務取締役編集長、NPO法人本の学校理事長)

    ネット
     商用ブラウザーのルーツ登場から25年
     「バラ色の未来社会」の現実
      高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

    ■海外メディア報告
     米国のエルサレムの首都認定
     報道に見る政治の駆け引き
      川上泰徳(中東ジャーナリスト)

    【写真】 今月の1点

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

付与コインの内訳

354コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    50%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「Journalism2022年9月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報