ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

Journalism2022年9月号

あらすじ・内容

2022年9月号の内容(目次)
巻頭の言葉
「国葬」

特 集 報道とジェンダー

interview
「男性主導」で見過ごしていた課題
女性やLGBTQの視点でとらえ直す
……エミリー・ラムショー(聞き手・城 俊雄)

取材先との関係性 性被害の背景に
表現、職場環境 足元から見直しを
吉永磨美(新聞労連前委員長)

男性中心組織から脱却を
横につながりエンパワメント
森 映子(時事通信編集委員)

「共同親権」めぐる報道が映す
当事者の“非対称”への無自覚
太田啓子(弁護士)

犯罪報道とジェンダーの視点
ネット時代に手掛かりあるか
四方由美(宮崎公立大教授)

つらさ比べや対立を超えて
「ためらいながら語る」意味
高橋健次郎(朝日新聞記者)

*********************

〈国葬を考える〉
かつて国民統合、抑圧の装置
「国葬」が映す民主主義の今
宮間純一(中央大教授)

〈「安倍後」政権の行方〉
岸田首相は何色に染まるか
軸失った自民、視界不良に
小村田義之(朝日新聞記者)

〈フィリピンの行方〉
ソーシャルメディア大国の大統領選
飛び交うフェイクニュースとの闘い
木村 文(ジャーナリスト)

〈メディアの未来 激減する米ローカル紙〉
市民の手で守るジャーナリズム
民主主義の変調に危機感も
沢村 亙(朝日新聞論説委員)

《ネット考現学》
中絶の権利認めぬ判決の余波
広がるデジタル監視のリスク
小林啓倫(経営コンサルタント)

《海外メディア報告》
民主・共和それぞれのお家事情
大統領選に向けて深まる混迷
冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

《大学生のためのマダニャイ記者入門》
報道写真の力

《就活のツボ》
「上手な面接」は落ちた
面接はお互い見極める場
木之本敬介

《スラスラES教室》
工夫し恥ずかしさ脱却
真下 聡

<写真> 今月の1点

電子書籍
価格

780(税込)

709円 (+消費税71円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

シリーズ
Journalism(朝日新聞出版)
著者
レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
カテゴリ
実用
ページ概数
231
配信開始日
2022/9/9
底本発行日
2022/9/9
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 Journalism2023年1月号

著者: 朝日新聞社ジャーナリスト学校

2023年1月号の内容(目次)
巻頭の言葉
「希望、あるいは――」
  
特 集 政治報道は変わったか
<インタビュー>
為政者と対峙するジャーナリズムは憲法が求める役割
鋭い追及こそが政治記者へのリスペクトをもたらす
デイビッド・ハルブフィンガー
(ニューヨーク・タイムズ政治エディター=聞き手・城 俊雄)

<インタビュー>
政治家の発言に頼ってしまう無責任
「誰の言葉か」こだわり、分析・追及を
西村カリン(在京フランス人ジャーナリスト=聞き手・小村田義之)

世界から取り残されないために
多様な属性の記者で取材を
佐藤千矢子(毎日新聞論説委員)

先行き「こう思う」と明確に
政策深掘りして政局取材も
星 浩(政治ジャーナリスト)

心は政治のアウトサイダーで
太い幹倒すナタのような仕事を
松原耕二(BS-TBS「報道1930」キャスター編集長)

米政治メディアのデジタル化再考
米中メディア研究にもたらす変容
渡辺将人(北海道大学大学院准教授)

政治家の娘として見た報道
若者と現場に目を向けて
近藤弥子(ユーチューバー)

*********************

《伊藤詩織さん中傷投稿に「いいね」 東京高裁判決》
苦しみの訴えが開く「人権」の扉
「表現の自由」の公平な配分とは
志田陽子(武蔵野美術大教授)

《ゴルバチョフとプーチン》
核軍縮と冷戦終結の遺訓はどこへ
「文明の衝突」共存条件の模索を
副島英樹(朝日新聞編集委員)

《奨学金破産》
機構が2千人に10億円返金へ
「時代」映す奨学金を追って
諸永裕司(朝日新聞マーケティング戦略本部員)

《就活のツボ》
×消費者目線 ○ビジネス意識
「何をしたいか」とことん追求
木之本敬介

《スラスラES教室》
自分のアンテナ示そう
真下 聡

<写真> 今月の1点

価格

780(税込)

709円 (+消費税71円)

「Journalism(朝日新聞出版)」シリーズ作品一覧(全62冊)

660円〜780(税込)

  • 実用 Journalism 2018年5月号

    [特集] 過労死しないために

    強固な「企業戦士信仰」は捨て
    「自分はどうしたいのか」考えよう
     中村安希(ノンフィクション作家)

    無意味な競争と搾取から降りる
    一億活躍できない社会を考える
     赤木智弘(フリーライター)

    裁量労働制 拡大でなく限定を
    実態映したデータを出発点に
     上西充子(法政大学キャリアデザイン学部教授)

    猛毒を含む「働き方改革」一括法案
    「高プロ」は長時間労働を助長する
     嶋崎 量(弁護士、日本労働弁護団常任幹事)

    記者はもう特別じゃない
    メディアの長時間労働を巡って
     東海林 智(毎日新聞記者)

    政権の「連合外し」で出せない政策力
    「働き方改革」で苦悩が浮き彫りに
     澤路毅彦(朝日新聞編集委員)

    〈インタビュー〉
    多様化が社員を幸せにするキーワード
    日本人は「一律の罠」から早く抜け出せ
     青野慶久(サイボウズ社長)

    *********************

    〈安倍首相ブレーンに聞く 憲法・天皇制・自民改憲案〉
    憲法には「国民への命令」の性格も
    公的行為は政治性帯びれば逸脱
     八木秀次(麗沢大学教授)

    【NHK受信料判決と放送法】
    公共放送は「知る権利」に寄与
    新時代の制度構築に国民的議論を
     鈴木秀美(慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授)

    【韓国メディアの編集権】
    新聞社の編集局長選任
    記者投票など制度様々
     藤森 研(専修大学文学部教授)

    【内戦7年、シリアを行く】
    破壊された街 たくましく生きる
    歴史に翻弄されたクルド人の苦悩
     安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

    〈連載〉記者講座
    新聞の文章を考える(中)言葉と表現について
     「平和」「戦争」のつるつるした語感
     鈍麻した言葉にしっかりヤスリを
      福島申二(朝日新聞編集委員)

    ■海外メディア報告
    ポピュリズムとどう戦うか
    第4次メルケル政権が船出
     熊谷 徹(在独ジャーナリスト)

    ■メディア・リポート
    新聞
     沖縄の基地過重負担の源流
     天皇制が及ぼした影響検証を
      松元 剛(琉球新報読者事業局特任局長)

    放送
     放送法改正論の危うさを実感
     「ニュース女子」検証ツアー
      水島宏明(ジャーナリスト・上智大学文学部新聞学科教授)

    出版
     1部から「適地生産」できる体制へ
     大日本印刷のプリント・オン・デマンド
      福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

    ネット
     これまでの収益構造を変える可能性
     ブロックチェーンとメディア
      藤村厚夫(スマートニュース執行役員)

    【写真】 今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年6月号

    [特集] 官僚は再生できるか

    甚だしい政治家の劣化
    憂う官僚、忖度や萎縮
     寺脇 研(京都造形芸術大学客員教授)

    公務員の「政治化」に問題の根本
    専門性を証明する公募制導入を
     田中秀明(明治大学公共政策大学院教授)

    メールも保存される徹底した文書管理
    米国シンクタンクは情報公開で成り立つ
     横江公美(東洋大学国際学部グローバル・イノベーション学科教授)

    代表性と専門性の150年
    政治主導下における協働の危機
     清水唯一朗(慶應義塾大学総合政策学部教授)

    不透明さで「行政崩壊」招いた政権
    安保法以前の意思決定に立ち返れ
     牧原 出(東京大学先端科学技術研究センター教授)

    〈インタビュー〉
    有能な政策秘書を増やせ
    官僚、メディアは提案力を
     アンドリュー・ホルバート(元日本外国特派員協会長、城西国際大学国際人文学部招聘教授)

    公文書管理と「説明責任」
    民主主義の根幹を支えるために
     下重直樹(学習院大学文学部准教授)

    *********************

    【データジャーナリズムの現在】
    求められるPCスキルと分析力
    オープンデータ時代の記者像は
     山本 智(NHK報道局ネットワーク報道部 チーフプロデューサー)

    【優生手術問題】
    国に強制された不妊手術
    自由奪われた被害者の苦悩
     大橋由香子(フリーライター、編集者)

    〈連載〉記者講座
    新聞の文章を考える(下)50歳からのデジタル
     「ついていけない感」を克服し
     「営業力」のある文章を書くには
      浜田陽太郎(朝日新聞編集委員)

    ■海外メディア報告
    英字紙、マレーシア資本に売却
    「報道の自由度」がさらに後退
     木村 文(ジャーナリスト)

    ■メディア・リポート
    新聞
     大川小の「止まった刻」
     新たに掘り起こし検証
      寺島英弥(ジャーナリスト、河北新報社論説委員)

    放送
     臨時災害FM局がすべて閉局
     復興支えた「お役人」の勲章
      市村 元(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授)

    出版
     漫画海賊版サイトへの緊急対策
     業者任せのブロッキングは諸刃の剣
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     AIで中立的な記事を作る
     米ニュースサイトの試み
      小林啓倫(アクセンチュア 金融サービス本部 プリンシパル)

    【写真】 今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年7月号

    [巻頭座談会] 財務次官セクハラ問題とメディア
     根底にあるのは性差別
     報道も男社会から脱却を
     青木 理(ジャーナリスト)、中北浩爾(一橋大学大学院社会学研究科教授)、大門小百合(ジャパンタイムズ執行役員、編集局長)、角田由紀子(弁護士)、柏木友紀(司会、朝日新聞社ジャーナリスト学校主任研究員)


    [特集] AIと社会

    AIが社会の「脳」になる日
    デジタル化する経済活動の功罪
     小林啓倫(経営コンサルタント)

    「まだ先の話」が次々と現実に
    求められる新たな視点と戦略立案
     田中郁也(朝日新聞科学医療部記者)

    GDPRが突きつける日本の選択
    求められる憲法調和的なAIネット化
     山本龍彦(慶應義塾大学法務研究科教授)

    AIでどんな社会をつくりたいか
    記者も当事者として議論に参加を
     長倉克枝(記者、編集者)

    中国のAI社会は「異形」か
    個人データと利便性を取引
     高口康太(ジャーナリスト)

    FBショックでネット謳歌に陰り
    広がるプラットフォームの責任論
     小林恭子(在英ジャーナリスト)

    〈インタビュー〉
    日本はAIを「作る側の国」になれ
    メディアに期待する正確な知識の普及
     松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)

    *********************

    【クラウド時代の情報管理】
    ネットの技術を活用し
    データは捨てずに全て保存を
     吉村 伸(多摩大学情報社会学研究所教授、グラフィ代表取締役)

    ■海外メディア報告
    トランプへの対抗勢力の行方は
    民主党にヒラリー敗北の後遺症
     冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

    ■メディア・リポート
    新聞
     原寿雄さんが遺した言葉
     骨太なジャーナリズム論
      藤森 研(専修大学文学部教授)

    放送
     これほどまでの腐敗を許容する
     テレビ報道が失ってしまったもの
      金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター、早稲田大学大学院客員教授)

    出版
     取次大手が出版社に追加負担要請
     雑誌の低迷で出版流通に危機感
      星野 渉(文化通信社常務取締役編集長)

    ネット
     急務は読解力の育成
     AI「東ロボくん」リーダーが警告
      高木利弘(クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

    【写真】 今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年8月号

    [特集]女性の生きづらさ

    女の人生はイージーモードか
    「楽しそう」の裏、想像を
     瀧波ユカリ(漫画家)

    女の子たちの性被害の現実
    「声なき声」から見える社会
     橘ジュン(NPO法人「BONDプロジェクト」代表、ルポライター)

    アクターの連携が生んだ「市民立法」
    候補者男女均等法への歩みとこの先
     三浦まり(上智大学法学部教授)

    痛みをわかってくれるまで
    同じことを何度でも言います
     谷口真由美(大阪国際大学グローバルビジネス学部准教授)

    「生きづらさ」をめぐる争いを超えて
    他者への共感はいかに育めるのか
     佐藤文香(一橋大学大学院社会学研究科教授)

    下降する日本の世界男女格差指数
    先進国最低114位の衝撃と理由
     治部れんげ(ジャーナリスト)

    シングルマザーの不安と孤立
    自己責任論と紋切り型報道の間で
     赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)


    ◎夏の甲子園100回大会◎
    「郷土」「青春」「8月」がキーワード
    時代とともに歩み次の100年へ
     安藤嘉浩(朝日新聞編集委員)

    夏の甲子園100回大会
    「122対0」が残したもの
    生徒減、格差克服の方策を
     川井龍介(ジャーナリスト)

    *********************

    【規制改革推進会議が3次答申】
    首相がリードした放送事業改革
    報道機関への「牽制」「峻別」は続くか
     音 好宏(上智大学文学部新聞学科教授)

    【マスコミ倫理懇談会 結成60周年】
    「自前主義」を脱し、協業関係構築を
    ―情報新時代を生き抜くために
     吉田慎一(元日本記者クラブ理事長)

    【大学生と語り合う新聞のこれから】
    東洋大学シンポジウム「新聞の未来」
     薬師寺克行(東洋大学社会学部教授)

    【朝日新聞「報道と人権委員会」(詳報)】
    被害者の実名 必要か否か
    二次被害拡大への対処が課題

    ■記者講座 ネット取材の極意(上)接触する
    ツイッターで事件、事故を察知
    まずは自前で探してみよう
     須藤龍也(朝日新聞編集委員)

    ■海外メディア報告
    女性運転解禁の背後に言論弾圧
    サウジアラビアで相反する動き
     川上泰徳(中東ジャーナリスト)

    ■メディア・リポート
    放送
     「麻原自身が語った」は本当か
     遺体引き渡し報道、裏付けは
     堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

    新聞
     「軍事要塞化」強まる沖縄
     歴史観持った複眼的報道を
     松元 剛(琉球新報社執行役員・読者事業局特任局長)

    出版
     書店向けに本を選ぶAIを開発
     導入の意義は人間との協働にあり
     福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

    ネット
     スマホ・ネイティブな表示形式
     「ストーリー」は第三の波か
     藤村厚夫(スマートニュース株式会社 フェロー)

    【写真】 今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年9月号

    [特集]現在地を知る100冊

    因果律超えた先に現代がある
    「知のパラダイム転換」を概観する10冊
     橘 玲(作家)

    日常に潜む宗教性に耳を澄ます
    宗教的感性を養うための10冊
     釈 徹宗(如来寺住職、相愛大学人文学部教授)

    非業と絶望の先、希望の在りかは
    時代や社会、人々を描くヒントをくれた10冊
     瀬々敬久(映画監督、脚本家、演出家、俳優)

    市場とほどよく付き合うために
    経済の普遍性と時々の変化をつかむ10冊
     坂井豊貴(慶應義塾大学経済学部教授)

    「なぜあるのか」から憲法を知る
    「憲法コミュニケーター」が薦める10冊
     志田陽子(武蔵野美術大学造形学部教授)

    記者が果たす任務と守るべき倫理
    ジャーナリズムの針路を探すための10冊
     澤 康臣(共同通信特別報道室編集委員)

    「事実への畏れ」を感じる出会い
    ドキュメンタリー制作者が薦める10冊
     右田千代(NHKチーフプロデューサー)

    「今」照らす古琉球以来の歴史
    現在の沖縄問題を理解するための10冊
     与那原 恵(ノンフィクション作家)

    ヘイトや差別の萌芽を可視化する
    現代日本の病巣を考えるノンフィクション10冊
     藤井誠二(ノンフィクションライター)

    普通から外れても生きていける
    浮世をサバイブするための10冊
     pha(ブロガー、作家)


    ◎安倍政治の言葉と心理◎
    言葉への誠実さ欠く二人のAさん
    素朴な「道徳的感覚」が怪しい
     金田一秀穂(言語学者)

    矛盾、一貫性欠く言動なぜ
    精神の解離でなく、学習か
     和田秀樹(精神科医、映画監督)

    *********************

    【海賊版サイトへの対策問題】
    接続遮断は通信の秘密を侵害か
    大規模監視の指摘、運用拡大も
     川本裕司(朝日新聞社会部記者)

    【ジョージアのかつての危険地帯を行く】
    チェチェン独立派の拠点
    パンキシ渓谷に復興の芽
     竹岡寛俊(ドキュメンタリーディレクター)

    連載 記者講座 ネット取材の極意 (中)深掘りする
    情報の鉱脈がネット内に埋もれている
    検索を組み合わせ、見つけ出そう
     須藤龍也(朝日新聞編集委員)

    ■海外メディア報告
    メルケル政権を追い詰めた
    ドイツの難民論争の破壊力
     熊谷 徹(在独ジャーナリスト)

    ■メディア・リポート
    新聞
     東北の被災地から見た豪雨
     空と陸から襲った「津波」
      寺島英弥(ジャーナリスト、河北新報社論説委員、尚絅学院大学客員教授)

    放送
     「公共性」希薄な民放キー局
     西日本豪雨報道で鈍い反応
      水島宏明(ジャーナリスト、上智大学文学部新聞学
    科教授)

    出版
     軽減税率めざし「有害図書」排除へ
     「表現の自由」萎縮につながる危惧も
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     電話をかけるAIが登場
     ジャーナリズムへの応用は?
      小林啓倫(経営コンサルタント)

    【写真】今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「Journalism2022年9月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報